日弁連ADRセンター双書<br> 紛争解決手段としてのADR

個数:
  • ポイントキャンペーン

日弁連ADRセンター双書
紛争解決手段としてのADR

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 07時31分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 261p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784335320910
  • NDC分類 327.5

内容説明

紛争解決ツールとしてのADR(裁判外紛争解決手段)の全体像を、沿革・位置付け・活動状況等から明らかにし、その上手な利用方法を解説。実際の事例に基づき、メリット・特色・可能性に言及し、実務上押さえるべき事項・留意点につき具体的に解説。

目次

第1部 解決ツールとしてのADR―ADRの上手な利用法(ADRの定義;ADRの分類;日本のADRの沿革;裁判所の受理件数;行政型のADR機関の活動状況;民間型ADRの活動状況;弁護士会ADRの設置状況;弁護士会ADRの上手な利用方法)
第2部 弁護士および利用者サイドからのADR活用法―パネルディスカッション(各パネリストの紹介;事例紹介;外国におけるADRの利用例;弁護士会仲裁センター・紛争解決センターにおける利用例)
第3部 仲裁・ADRの実務知識―ADR法の諸問題や新仲裁法の実務上の留意点(ADRの概要;仲裁、その他のADRの法制上の位置付け;仲裁合意の諸問題;ADR法の仕組み)