シリーズ生きる思想<br> 生きる力、死ぬ能力

個数:

シリーズ生きる思想
生きる力、死ぬ能力

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月19日 14時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784335000607
  • NDC分類 461.1
  • Cコード C1395

内容説明

死とセックスを発明して複雑化してきた我々は、どこへ向かおうとしているのか。アメーバからニンゲンまでを語った、痛快無比の生物学。

目次

第1部 死の中の生(人はなぜ死をおそれるのか;もし生物が死ななかったら;人の寿命は三八億年?;死はセックスと同時に出現した能力である;寿命を延ばすことはできるのだろうか;あなたが死ぬまでに殺す生命の数は?;かけがえのないあなたに宿るかけがえのある命)
第2部 構造としての生命(ゲノムは構造化されたシステムとして動く;ハエと哺乳類の遺伝子は同じである;生物多様性を神を抜きにして説明;遺伝病も遺伝子を変えずに環境で治すことができる;世の中も生物も構造を見ないと実相は見えない)

著者紹介

池田清彦[イケダキヨヒコ]
1947年東京生まれ。東京教育大学理学部卒。東京都立大学大学院博士課程修了(生物学専攻)。山梨大学教育人間科学部教授等を経て、早稲田大学国際教養学部教授。専攻は理論生物学、構造主義生物学