シリーズ生きる思想
老いの空白

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784335000539
  • NDC分類 367.7
  • Cコード C1395

目次

1 “老い”はほんとうに「問題」なのか?
2 できなくなるということ
3 見えない“成熟”のかたち
4 “老い”の時間
5 “老い”の破壊性
6 “弱さ”に従う自由
7 べてるの家の試み
8 肯定と否定のはざまで
9 「いるだけでいい」「いつ死んでもいい」と言い切れるとき

著者等紹介

鷲田清一[ワシダキヨカズ]
1949年京都生まれ。京都大学文学部卒。同大学院文学研究科博士課程修了。現在、大阪大学大学院文学研究科教授。哲学・倫理学専攻。著書に『モードの迷宮』(ちくま学芸文庫、サントリー学芸賞受賞)、『「聴く」ことの力』(桑原武夫学芸賞受賞)『時代のきしみ』(以上、TBSブリタニカ)など
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。