講座東南アジア学 〈第10巻〉 東南アジアと日本 矢野暢

個数:

講座東南アジア学 〈第10巻〉 東南アジアと日本 矢野暢

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 329p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784335000300
  • NDC分類 223.008
  • Cコード C1300

内容説明

東南アジア世界の尊厳を重んじ、独創的な方法論と実証的なフィールドワークをもとに、壮大な知の構図を提示したわが国初の画期的講座。

目次

総説 近代日本の南方関与
第1部 「大東亜戦争」以前(南進論の系譜;「南洋」神話の形成;「山田長政」神話の虚妄;日本資本主義と南洋;戦前フィリピンにおける邦人の「官民接近」の構造;南洋の日本人学校と「臣民」教育;国防構想と南進論;「大東亜戦争」の意味)
第2部 戦後期の南方関与(戦後日本の南方回帰;日本の対東南アジア経済進出の構図;1970年代前半の東南アジアにおける反日の論理;経済協力―実績と理念;国際人流の時代―「じゃぱゆきさん」の象徴性;「『南進』の系譜」以後)
近代日本の南方関与略年表(1868‐1945年)