「謎」の解像度(レゾリューション)―ウェブ時代の本格ミステリ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 309p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784334975395
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0095

内容説明

現代を生きる私たちにとって、本格ミステリはなぜこんなにも面白いのか。進化しつづけるミステリ作家たちの創作技法に、気鋭の文芸評論家が挑む。

目次

プロローグ 基本感情
1 場所
2 人・アイデンティティ
3 システム・世界
4 人とシステム
エピローグ 「青春」「紙の本」以後

著者等紹介

円堂都司昭[エンドウトシアキ]
文芸評論家。1963年千葉県生まれ。早稲田大学第二文学部東洋文化専修卒。「シングル・ルームとテーマパーク 綾辻行人『館』論」で第6回創元推理評論賞を受賞。ミステリを中心とした文芸評論・レビューのほかに、音楽ライターとしても執筆活動を展開している気鋭(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。