進化形態はイクメン―「子育てする父親」が家族と人類を救った

個数:
電子版価格 ¥1,584
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

進化形態はイクメン―「子育てする父親」が家族と人類を救った

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年05月29日 04時07分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 328p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784334962364
  • NDC分類 599
  • Cコード C0036

内容説明

ママが妊娠するとき、パパの体も驚きの変化を遂げる―。父親50万年の旅路、その驚くべき多用性と効能を明かす。

目次

第1部 最初の父親(お父さん1.0―人類における父親の進化)
第2部 受胎と妊娠(パパの脳内の赤ちゃん―妊娠、アイデンティティ、胎動の喜び;父親になることの大切さ―体の変化だけじゃない)
第3部 出産(父親の誕生―父親、出産、健康、幸福;複数の父親―父親、柔軟性、そして子供の生存;お父さんってどんな人?―遺伝子、心理学、ホルモン)
第4部 最初の数週間(愛してるぜ、ベイビー!―遊び、笑い声、絆;そして、二が三に(いや四に、五に…)―親の役割と関係)
第5部 そしてついにお楽しみの時間…(父親という学校―父親が子供に教えること;よちよち歩きの彼方へ―子供の発達における父親の役割;お父さん24345.0―父親業の未来)

著者等紹介

メイチン,アンナ[メイチン,アンナ] [Machin,Anna]
英国の進化人類学者。恋愛関係、友情、親子関係などに関する研究で世界的に知られている。動物園勤務の霊長類学者としてキャリアをスタートし、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで理学修士号、レディング大学で博士号を取得。現在はオックスフォード大学実験心理学部の客員研究員。神経科学、遺伝学、心理学、類人猿の認知能力などに関して、多くの新聞や雑誌に寄稿し、ラジオ、テレビ、ネット動画などでも発言している。バッキンガムシャー在住

熊谷千寿[クマガイチトシ]
1968年生まれ。東京外国語大学英米語学科卒業。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

父親は母親同様、子どもの発達に大きな影響を与えていると同時に、「子育て」が父親に与える影響についても調査した科学レポート。