光文社文庫<br> 競歩王

個数:
電子版価格
¥770
  • 電書あり

光文社文庫
競歩王

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月23日 05時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 319p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334793722
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

東京五輪開催が決まった頃、「天才高校生作家」としてデビューした榛名忍。次作にスポーツを勧められ、「競歩」と口にしてしまう。

内容説明

かつて「天才高校生作家」の触れ込みで華々しくデビューした榛名忍は今、燻っていた。そんな折、東京五輪の開催が決まり、担当編集者からスポーツ小説を勧められる。なりゆきで競歩の小説を書くことになり、大学の陸上部の練習を見に行くと、ただ一人の競歩選手・八千代篤彦が黙々と歩き続けていた―。競歩の面白さを余すところなく描いた、青春小説の傑作!

著者等紹介

額賀澪[ヌカガミオ]
1990年、茨城県生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒。2015年に『屋上のウインドノーツ』で第22回松本清張賞を、『ヒトリコ』で第16回小学館文庫小説賞を受賞。’16年『タスキメシ』が第62回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書(高等学校部門)に選ばれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さてさて

133
『競歩』というスポーツに青春をかける大学生・八千代の姿を追う中に、『競歩』の魅力にハマってもいく大学生小説家・榛名忍が小説を生み出す苦しみを描いていくこの作品。そこにはそれぞれの道に青春をかける登場人物たちの姿が描かれていました。未知のスポーツ『競歩』に対する知識が大きく培われるこの作品。額賀さんらしく”青春物語”になくてはならない恋愛要素もきっちり盛り込まれていくこの作品。まったく興味のカケラもなかった『競歩』というスポーツ。そんなスポーツをじっくり見てみたいという思いに満たされた素晴らしい作品でした。2023/12/28

おしゃべりメガネ

98
ハードカバーで新刊時に読んだトキ(2019)はまさか東京オリンピックが延期になるなんて思いもしなかったですよね。競歩の会場が札幌に変更になりと、すったもんだしてました。先日、作者さんの東京オリンピックモノを読んで、久しぶりに手にとりました。作者さんはいい意味で意外とスポーツモノを書かせたら、なかなか夢中になれる作品を書いてくれています。今回も正直あまりメジャーとは言えない競技をなかなか興味深く綴ってくれています。しかも作家さんの苦悩もリアルです。これからも色んなスポーツモノを読めるコトに期待したいですね。2024/03/15

よっち

32
天才高校生作家と持て囃されてデビューしながら、その後は燻っていた大学生・榛名忍。競歩のリオ五輪ハイライト番組を見て号泣する八千代と出会い競歩という競技にのめり込んでゆくスポーツ小説。最初は気乗りしないまま始めた競歩の取材。そんな忍に不機嫌を隠そうともしない八千代を追ううちに自らの苦悩も重ねて、ライバルたちと競い東京五輪を目指す八千代の苦闘のめり込んでゆく展開はとても重く苦しかったですが、それでも向き合い続けてきたからこそ見えたもの乗り越えられたこともあって、そんな彼らの結末にはぐっとくるものがありました。2022/06/14

なみ

22
スランプ中の作家、忍が、競歩の小説を書くため、選手の八千代を取材する青春小説。 数字に縛られる執筆活動、挫折から始まった競技人生。 現実の厳しさをしっかり盛り込みつつ、熱いエンタメになっているのはさすが。 キャラクターもみんな素敵でした。蔵前さんと百地さんが好き。 正月の亜希子とのシーンが印象的で、心がギュッと握りつぶされる感覚になりました。 競歩という題材も新鮮で、競歩の面白さが伝わってきます。 悩みや不安を抱えた読者に「負けるな!」と、エールを送ってくれる1冊でした。2022/08/04

こばゆみ

16
長距離から競歩へ転向した陸上選手を描きながら、書くことへの情熱を失った大学生作家の苦悩も描く、さすがの額賀作品でございました!文庫化にあたって、東京五輪の競歩種目が札幌開催になったことを盛り込んだとのこと。そして「歩王」で「ウォーキング」と読ませる作中でのタイトルに、思わず笑ってしまったのでした(笑)2022/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19792340
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。