光文社知恵の森文庫<br> 日本の8大聖地

個数:

光文社知恵の森文庫
日本の8大聖地

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月09日 22時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 301p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334787585
  • NDC分類 162.1
  • Cコード C0136

出版社内容情報



島田裕巳[シマダ ヒロミ]
著・文・その他

内容説明

日本では土着の信仰である神道のほかに、朝鮮半島や中国から仏教がもたらされ、多くの聖地が生まれた。参拝客が絶えない「開かれた聖地」がある一方、タブーで「封印された聖地」もある。パワースポットとも呼ばれる聖地には、一体どんな秘密があるのか。聖地を聖地たらしめているものは何なのか。宗教学者が現地に赴き、その謎に迫る。

目次

第1章 クボー御嶽(沖縄・久高島)―何もない空間を聖地にするもの
第2章 大神神社(奈良・桜井市)―なぜ神体山は封印されたのか
第3章 天理教教会本部(奈良・天理市)―訪れる者を圧倒する一大宗教都市
第4章 稲荷山(京都・伏見区)―何でものみ込む現世利益信仰
第5章 靖国神社(東京・千代田区)―英霊とギャルの祭典
第6章 伊勢神宮(三重・伊勢市)―なぜ古代の継承神話が必要なのか
第7章 出雲大社(島根・出雲市)―神が人間の前に現れるとき
第8章 沖ノ島(福岡・宗像市)―タブーで封印された聖地

著者等紹介

島田裕巳[シマダヒロミ]
1953年東京生まれ。宗教学者、作家。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。