光文社知恵の森文庫<br> この場所だけが知っている消えた日本史の謎

個数:

光文社知恵の森文庫
この場所だけが知っている消えた日本史の謎

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年05月19日 08時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 208p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334787462
  • NDC分類 291.02
  • Cコード C0121

出版社内容情報



友清哲[トモキヨ サトシ]
著・文・その他

内容説明

いつ誰が作ったかわからない謎の構造物、歴史上そこに存在するはずのないおかしな物体、あり得なくもない奇妙な伝承、科学的に未解明のパワースポット…。青森県「日本中央の碑」、熊本県「トンカラリン」、滋賀県「竹生島」、宮崎県「天逆鉾」など謎多きスポットを訪れ、正史からこぼれた「もう一つの日本史」に迫るミステリー・ルポ。

目次

第1章 異世界との境界を歩く(古事記が伝える“あの世”へ続く坂―黄泉比良坂(島根県松江市)
論争続く「天孫降臨」の地―高千穂峡(宮崎県西臼杵郡)
坂本龍馬も詣でた山頂の“奇”―天逆鉾(宮崎県西諸県郡) ほか)
第2章 正史から抜け落ちたもの(秘められた地底の伽藍―田谷の洞窟(神奈川県横浜市)
謎に満ちたトンネル型遺跡―トンカラリン(熊本県玉名郡)
伝説の“壺壺の碑”がここに!?―日本中央の碑(青森県上北郡) ほか)
第3章 太古の息遣いにふれる(飛鳥の謎を語り継ぐ遺物―明日香村の奇石群(奈良県高市郡)
埼玉のカッパドキア―吉見百穴(埼玉県比企郡)
石室に入れる貴重な遺構―八幡山古墳(埼玉県行田市) ほか)

著者等紹介

友清哲[トモキヨサトシ]
1974年、神奈川県生まれ。フリーライター&編集者。旅・酒・遺跡をメインにルポルタージュを展開中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。