光文社知恵の森文庫<br> 地理と地形で読み解く 戦国の城攻め

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

光文社知恵の森文庫
地理と地形で読み解く 戦国の城攻め

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月19日 14時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 277p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334787226
  • NDC分類 210.47
  • Cコード C0121

出版社内容情報

歴史ファンに根強い人気のある中世城郭の攻防戦を地形の視点を加えて読み解く。地図と写真も加えた構成で。

内容説明

大規模な水攻めが行われた「備中高松城の戦い」、17万の百姓に堤を築かせた「紀伊太田城の水攻め」、多数の付城を築いた「三木城の戦い」など、自然の要害を活かして築かれた難攻不落の城を、武将らはいかなるネットワークと戦術で攻めたのか?夜戦、兵粮攻め、水攻め、篭城戦などバリエーション豊富な戦を、地形図とともに読み解く。

目次

吉田郡山城の戦い―毛利氏が誇張した戦いの実像
河越城の戦い―北条氏を大勝利に導いた夜襲
大友二階崩れの変―大友一族の血みどろの内紛
第二次月山富田城の戦い―落日の尼子氏の抵抗劇
観音寺城の戦い―想定外の事態に対応できなかった六角氏
小谷城の戦い―約三年にわたった長期の攻防戦
高天神城の戦い―武田氏の命運を決めた篭城戦
信貴山城の戦い―異彩を放った松永久秀の最期
有岡城の戦い―荒木一族を皆殺しにした戦後処理
上月城の戦い―二度にわたる国境地帯の激闘〔ほか〕

著者等紹介

渡邊大門[ワタナベダイモン]
1967年生まれ。(株)歴史と文化の研究所代表取締役。2008年、佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

トリプルアクセル

4
タイトルに反して図が少ない印象。そのため、知らない合戦を理解するのが難しかった。また、1つ1つの合戦に割くページ数も少ないため、マニアの方にも物足りないかもしれない。2017/11/06

栗山いなり

3
戦国時代に行われた様々な城攻めを読み解いた著書。25の城攻めを扱ったからか地理と地形から読み解こうとしかからか城攻めの様子自体はダイジェスト感が強かった2020/01/11

ひよこ

2
解説に合った図が欲しい2018/12/18

鈴木小

1
空港の売店や新幹線のキオスクにありがちの本。①活字中毒者が出張先で大作を読み終えた。②帰りの新幹線でビールを飲みながら読む本がない。③軽く読み流せる本が読みたい。10ページ弱で1章が終わるのでちょうどいい。へえ...という本です。2018/01/25

NyanNyanShinji

0
率直な感想を述べるとタイトル中の文言「地理と地形で読み解く」には挿絵の地図がしょぼ過ぎである。道と川と城の位置しか描いていないベタ絵なので地形や高低差が分からないのと、攻め方守り方をキチンと書き分けていないのでどの様に戦が展開されたのか分からない。ビジュアルを売りにするタイトルをつけるのなら、もう少し地図などに予算を使わないと。図書館から借りた本に文句を言うのも大人げないけど…2021/09/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11989254

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。