光文社知恵の森文庫<br> ネイティブはたった100語で話している!

個数:
  • ポイントキャンペーン

光文社知恵の森文庫
ネイティブはたった100語で話している!

  • ウェブストアに156冊在庫がございます。(2018年08月15日 01時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 260p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334787103
  • NDC分類 837.8
  • Cコード C0182

内容説明

getやmakeなどの基本動詞、onやoffなどの前置詞、wouldやshouldなどの助動詞―。ネイティブなら子供のときに覚えてしまう単語ばかりなのに、日本人にとっては使いこなしが難しいもの。でも、本書で取り上げる100語をマスターすれば、言いたいことはほとんど表現できて、しかも難しい単語を使うよりずっと「自然な英語」に聞こえるのです!

目次

onだけでこんなに深い意味に!―It’s on me.(僕がおごるよ)
allは「全部」で全部じゃない!―Not at all.(どういたしまして)
withが表現する人間関係のいろいろ―I’m with you.(あなたの言うことはわかるわ)
thisが「状況」を表すこともある―This and that.(まあ、いろいろとね)
itは重要な人物やモノを指す―You have it.(君にはカリスマ性がある)
about上手は気配り上手!―When?(いつなんだ?)About when?(いつごろ来るの?)
haveのさまざまなニュアンスを理解しよう―I have got a new stereo.(私は新しいステレオを持っている)
willとbe going toは大違い!―Will do.(はい、ただいまやります)
oneを使って、数えられるものを代用する―That’s a good one.(だまされないぞ)
ifは、はぐらかしたい時に使える―It’s iffy.(わからないなぁ)〔ほか〕

著者等紹介

セイン,デイビッド[セイン,デイビッド]
1959年、アメリカ生まれ。カリフォルニア州Azusa Pacific Universityで、社会学修士号取得。証券会社勤務を経て、来日。30年近くにわたる豊富な英語教授経験を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



デイビッド・セイン[セイン デイビッド]

エートゥーゼット[エートゥーゼット]