光文社文庫<br> 白昼鬼語―探偵くらぶ

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

光文社文庫
白昼鬼語―探偵くらぶ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月01日 10時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 479p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334779641
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

小栗虫太郎、夢野久作、久生十蘭、芥川龍之介、谷崎潤一郎の探偵小説シリーズがスタート。第一弾は谷崎潤一郎作。

内容説明

会社員法学士湯河勝太郎が歩いていると、安藤という探偵が友人に紹介してもらったと声をかけてきた。実は湯河本人を調べているといい、今の妻とはまだ法律上の結婚はしていないこと、前の妻はチブスで死んだことを語り始める。湯河は不愉快な顔になった―。(「途上」)江戸川乱歩にも多大な影響を与えた、谷崎潤一郎の探偵小説傑作選が登場!

著者等紹介

谷崎潤一郎[タニザキジュンイチロウ]
1886(明治19)年東京生まれ。東京帝国大学国文科中退。1910(明治43)年、小山内薫、和辻哲郎らとともに第二次「新思潮」を創刊。同誌に「刺青」「麒麟」などを発表。これらが永井荷風に絶賛され、一躍文壇の寵児となる。代表作に『痴人の愛』など多数。耽美小説、歴史小説、伝奇小説のみならず、作品は非常に幅広い。近代日本を代表する文豪の一人。怪奇幻想小説、探偵小説を好んで手がけ、江戸川乱歩や横溝正史らにも多大な影響を与えた。1965(昭和40)年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

110
最近、日下三蔵さんが大正・昭和のミステリーなどを掘り起こして本を編纂してくれています。この本もその1冊で谷崎潤一郎のミステリーをまとめたものです。っ全集でいくつか既読のものもあるのですが、これだけまとめられると谷崎の魔術に惑わされたような感じでおなか一杯になります。私は「人面疽」「ハッサン・カンの妖術」「途上」が印象に残りました。2021/08/15

ちびあんすも

17
犯罪者の告白が、なんだか納得してしまうのが谷崎の文章のうまさなんだろうか。そういう風に思っているのかもしれんと思ってしまった。奥さんを苛め抜くのは夫である自分の特権みたいなことを堂々と言ってしまうのとか、立派なモラハラで、はぁ?って思うところなのに。寮の部屋で盗みを働いてそれがバレたときに、誰も俺を盗人だと気付かなかった。気づいた彼はすごい人物だ!って言っちゃったり。表題の白昼鬼語が谷崎らしい変態らしさが出てて一番面白かったです。2021/09/29

Sally-m

3
谷崎潤一郎のミステリ小説集です。すでに他の本で読んだことのある作品もいくつかありました。表題の『白昼鬼語』が良かったです。2021/08/21

lllともろー

2
既読が多かったが、谷崎ワールドを堪能できた。改めて感じたことは、江戸川乱歩が谷崎の影響をどれだけ受けていたのかということ。2021/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18144775

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。