光文社古典新訳文庫<br> 街と犬たち

個数:

光文社古典新訳文庫
街と犬たち

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2024年02月24日 14時47分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 688p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334754600
  • NDC分類 963
  • Cコード C0197

出版社内容情報

ノーベル賞作家バルガス・ジョサのの長編デビュー作で、「ラテンアメリカ文学ブーム」の幕開けとなった記念碑的作品。

内容説明

厳格な規律の裏で不埒な行いが横行するペルーのレオンシオ・プラド軍人学校。ひとつの密告がアルベルト、“奴隷”、ジャガーら少年たちのいびつな連帯を揺るがし、一発の銃弾に結びついて…。ラテンアメリカ文学を牽引するノーベル賞作家による圧巻の長編デビュー作。

著者等紹介

ジョサ,ホルヘ・マリオ・ペドロ・バルガス[ジョサ,ホルヘマリオペドロバルガス] [Llosa,Jorge Mario Pedro Vargas]
1936‐。ペルーの小説家。1959年に短編集『ボスたち』でデビュー。長編デビュー作であり、10代のうち2年間を過ごしたレオンシオ・プラド軍人学校での経験をもとに書いた『街と犬たち』(1963)によってビブリオテカ・ブレベ賞を受賞し、その世界的成功がラテンアメリカ文学ブームの嚆矢となる。2010年にはノーベル文学賞を受賞

寺尾隆吉[テラオリュウキチ]
1971年生まれ。早稲田大学教授。ラテンアメリカ文学研究者、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

どんぐり

94
ノーベル賞受賞作家マリオ・バルガス=リョサの古典新訳。ペルーにあるレオンシオ・プラド軍人学校に3年間寄宿生活を送る少年たち。煙草や酒の闇取引、試験問題の不法取得とその売買、トイレでのポーカー、自慰コンクールに、いじめと暴力による報復合戦。最初は誰が誰で、何がなんだかわからないまま話が進み、「奴隷」とよばれる少年の死によって急転直下、大人をも巻き込む怒涛の展開。犬たちは大きな力によって屈してしまのか、これは青春小説の傑作といっていい。2022/10/28

Shun

36
ペルー出身のノーベル賞作家、初読み。作家の実体験を創作の種とした物語のようです。ペルーの軍人学校に在籍するまだ少年という形容が相応しい生徒たちの間には、およそ軍隊的な規律とは言えないあらゆる悪徳が横行していた。試験の答案を盗んだり、士官に隠れての飲酒や喫煙、夜間に抜け出し色街での不道徳な行為等がそうだ。中にはそれを男らしさとして理解を示す教官もおり、ここで繰り広げられる暴力的な世界は卒業し大人になった彼らの世界とも地続きなのかもしれない。悪童たちの連帯に加わらない者は蔑まれ、勇気ある英雄の告発には制裁を。2022/06/28

ふみふみ

10
リョサ先生のデビュー作ということで手に取りました。ただ、軍人学校が舞台の少年たちの物語という内容にまるで興味なかったので、読み始めは途中で投げ出しちゃうかなと思ったのですが、そこは流石のリョサ先生、きっちり引き込んでくれました。そして、最後のエピローグを読み終えたときには、前半のエグイ程のいじめ、暴力描写のインパクトは何処へやら、ほろ苦い青春物語だったなと感じ入った次第です。主要キャラに絡むメロドラマパート(少女との淡い恋愛)の絡みも効いていましたし。2022/10/11

Vincent

7
メインとサブのストーリーが交互に語られるリョサ独特の文体は早くもこの第一長篇から形成されていたとは。軍部の腐敗、隠ぺい体質のテーマは今や目新しくないけど真摯なガンボア中尉を渦中に据えたことで興味深いものになりけり。傑作。2022/08/01

フランコ

7
好み:10/10 様々な人種や階級の生徒が集まる、ペルーの多様性の縮図のような軍人学校にて暴力に侵された男子たちの青春譚。複数の語り手や巧みな時間軸の操作など、27歳の長編デビュー作とは思えない力量に目を見張るが、話も面白くグイグイ引き込まれた。ここまで苛烈ではないものの、自分も男子校出身なので作品に描かれるマチズモにもある程度身に覚えあり。アルベルト、ジャガー、ガンボア中尉らは自分の信念を貫こうとするも、結局は環境に翻弄される普遍的な存在なんだなと実感させられるラストがエモい。 2022/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19792474
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。