光文社古典新訳文庫<br> 戦争と平和〈6〉

個数:
電子版価格
¥1,166
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
戦争と平和〈6〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年05月21日 10時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 568p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334754501
  • NDC分類 983
  • Cコード C0197

出版社内容情報

再会したニコライとマリヤの愛の行く末は? そして、大戦争終結後のロシアの運命は? 全6巻完結。

内容説明

モスクワからおびき出したナポレオン軍を迎え撃つパルチザン戦で、勇み突撃するペーチャ。そして敗走を重ねたフランス軍は、ついにロシアの地から一掃される。捕虜から解放されたピエールとナターシャの、再会したニコライとマリヤの、そして祖国ロシアの行く末は…。全6巻完結。

著者等紹介

トルストイ,レフ・ニコラエヴィチ[トルストイ,レフニコラエヴィチ] [Толстой,Л.Н.]
1828‐1910。ロシアの小説家。19世紀を代表する作家の一人。無政府主義的な社会活動家の側面をもち、徹底した反権力的な思索と行動、反ヨーロッパ的な非暴力主義は、インドのガンジー、日本の白樺派などにも影響を及ぼしている。活動は文学・政治を超えた宗教の世界にも及び、1901年に受けたロシア正教会破門の措置は、今に至るまで取り消されていない

望月哲男[モチズキテツオ]
1951年生まれ。中央学院大学教授、北海道大学名誉教授。ロシア文化・文学専攻。『アンナ・カレーニナ』でロシア文学最優秀翻訳賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

molysk

72
ナポレオンとフランス軍は、ロシアの地を去った。捕らわれていたピエールは、解放されてナターシャと再会し、のちに結ばれて、物語は大団円を迎える。洗練されたフランスに立ち向かったのは、純朴で力強いロシアの民であった。異なる見方をすれば、ローマ文明とカトリックの影響を受けた合理的な西欧に対する、スラブ文化と正教の影響を受けた伝統的な東欧の反発、という解釈も可能であろう。祖国を愛するロシアの民は、ナポレオンを打ち払った。理由は異なっても、同じ構図の対立は、二度の世界大戦、冷戦、そして現在に至るまで繰り返されている。2022/04/03

ずっきん

67
だあー、目茶苦茶面白かった。あらゆるキャラは立ちまくり、翻弄され、足掻き、その姿から価値観まで変貌させていく様がつぶさに。すれ違う刹那に頬を撫でられ、その感触に相手の人生をも想わせる。いやもう、お見事。ボロジノの戦いあたりから挿し込まれる著者の考察というか主張は、それはそれですごく面白いんだけど、本人による解説書として別にまとめた方が物語の邪魔はしないんじゃね?晩年の作品はもっと洗練されてたよ?なんて野暮はいうまい。若い分、熱いぜトルストイ!てなもんである。躊躇してるアナタ、こいつはオススメの逸品ですぜ。2024/04/13

南北

61
ピエールとナターシャ、ニコライとマリアの2つの家庭を中心に語られていく。マリアを「マリー」(フランス語風)と呼ぶか「マーシャ」(ロシア語風の愛称)と呼ぶかで相手との距離感が変わってくるところは興味深い。著者自身が本作を「長編小説ではない」としているので、こういう言い方は不適切かもしれないが、エピローグの部分は登場人物たちの後日談以外は小説としては別な本にした方が良かったのではないかとも思う。訳も読みやすく「上唇」などの誤訳の訂正も評価できる。2021年の締めくくりに本書を読むことができて良かったと思う。2021/12/31

kazi

50
この破格のスケールを持った偉大な作品を前にして今さらどんな感想を書けばよいのか・・(^^; エピローグでトルストイが“歴史”に関して長広舌をふるう部分って昔から苦手なのよ~。戦争と平和は新潮社から出てる工藤先生訳で読んだ人がほとんどだと思うけど、この光文社・望月訳は一気に読み易くなったと感じました。専門家じゃないので細部の正確性とかはわからんが、体感的に言葉が若返って物語を追いやすくなった感じです。これからも、何回も、読み返すことになると思う。孫の、孫の、そのまた孫にまで残したい、素晴らしい作品。最高。2021/09/28

たかしくん。

26
かれこれ3年がかりで全6巻を読み終えました。最終巻は、ナポレオンのモスクワ撤退の追撃(パルチザン)に始まり、長い物語の終息に向かいます。クトゥーゾフの引退を持って、トルストイとしてはこの戦争は終わりとしてます。そして、残った登場人物たちの人間模様が再開し、ピエールとナターシャ、ニコライとマリアの2カップルが軸となって、2人の女性の思わせぶりな会話で本編が終了。後日談的なエピローグ1では、2組が描かれるが、ニコライが「アンナカレーニナ」のリョービンっぽくなり、ピエールはなんか聖人君主っぽくなっていて。(笑)2023/08/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18495952
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。