光文社古典新訳文庫<br> 戦争と平和〈5〉

個数:
電子版価格 ¥1,166
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
戦争と平和〈5〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2023年11月30日 18時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 561p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334754440
  • NDC分類 983
  • Cコード C0197

出版社内容情報

第4巻につづいて、モスクワを舞台にフランス軍とロシア軍の全面対決を描く。

内容説明

モスクワに入ったフランス軍はたちまち暴徒と化し、放火か失火か、市内は大火で焼かれてしまう。使命感からナポレオン暗殺を試みるピエール。退去途中で偶然、重傷のアンドレイを見つけ、懸命の看護で救おうとするナターシャ。そしてモスクワを占領したはずのナポレオンだったが…。

著者等紹介

トルストイ,レフ・ニコラエヴィチ[トルストイ,レフニコラエヴィチ] [Толстой,Л.Н.]
1828‐1910。ロシアの小説家。19世紀を代表する作家の一人。無政府主義的な社会活動家の側面をもち、徹底した反権力的な思索と行動、反ヨーロッパ的な非暴力主義は、インドのガンジー、日本の白樺派などにも影響を及ぼしている。活動は文学・政治を超えた宗教の世界にも及び、1901年に受けたロシア正教会破門の措置は、今に至るまで取り消されていない

望月哲男[モチズキテツオ]
1951年生まれ。中央学院大学教授、北海道大学名誉教授。ロシア文化・文学専攻。『アンナ・カレーニナ』でロシア文学最優秀翻訳賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

molysk

69
フランス軍は人々が去ったモスクワに入るが、まもなく街は火に包まれる。避難の途上でナターシャは、重傷のアンドレイと再び出会う。ナターシャは自分の過ちを悔いて懸命に看護するも、死への恐怖を持たなくなっていたアンドレイは、安らかに生を終える。ピエールはナポレオンの暗殺を企てるも果たせず、フランス軍に捕らわれる。ともに捕虜となった農民兵の姿に、ピエールはロシアの民の強さを見出す。歴史を動かすのは英雄ではなく、大衆なのだ、とトルストイは語る。ロシアの大地に力を消耗させたフランス軍は、モスクワを去って西へと向かう。2022/03/26

南北

62
フランス軍のモスクワ侵入から退却までを描いている。著者は歴史の流れを皇帝や司令官の意図や戦略から説明するのではなく、多くの人々の考えが働いた一種の運動だとしいる。ただこうした考え方は宿命論に陥りやすいのではないかと思う。本巻では第4巻のような絵巻物ではなく、個々のシーンを取り上げた形になっているので、全体の流れがつかみにくいところがある。モスクワ入城後の弛緩したフランス軍の様子はおもしろかったが、ピエールが出会ったプラトン・カラターエフと死を「覚醒」と捉えたアンドレイ公爵が亡くなるシーンが特に心に残った。2021/12/24

kazi

41
面白いなあ!やっぱりトルストイは一味違うなあ!!第5巻はボロジノ会戦後のフランス軍のモスクワ入りから、ナポレオンがスモレンスクを目指して退去するまで。戦争と平和の特徴ってナポレオンのロシア侵攻のような歴史的大事件を、そこに関わったありとあらゆる階層の人物たちからのミクロな視点で描いているところにあると思うのだが、この第5巻から状況を大きく俯瞰したマクロ視点の記述が一気に増えた印象を持ちました。ボロジノ会戦以降の事態の推移に関する記述からトルストイ流の歴史認識が随所に見られて大変興味深いです。2021/05/24

たかしくん。

20
第5巻は、ロシア人が遂に明け渡したモスクワが炎上する。そんな中で義勇心に目覚めた筈のピエール君は、またもフランス人将校と妙に仲良しになってしまうお人好しぶり(笑)。その後、捕虜になってしまいながらも、ぎりぎりの処で死刑を免れ、今度は囚人仲間のプラトンと仲良しに。そんなドタバタ劇の一方で、ロストフ家は揺れる。ニコライは、2人の女性を天秤にかけながら、ソーニャを捨てマリアに向かう。並行して、ナターシャが偶然にも負傷したアンドレイに会ってしまい、結局は公爵の死を看取ることに。主役1名の退場と共に、物語も終盤に。2023/08/10

きゃれら

19
ナポレオンのモスクワ占領と退却の巻。主人公たちそれぞれも戦役に運命をもてあそばれ、予想もしなかった方へ流されていく。この巻は解説がとても充実していて、モスクワの激動を観察者の位置から体験していくピエールの立ち位置がよくわかったし、モスクワ大火の真相について教えてくれたのもありがたい。機械がどう動いているかを知らないものには、歯車に挟まった葉っぱ(=ブルシットジョブ?!)が機械を動かしているように見え、歯車のことは視野に入らない、など引用したくなる名言がたくさん。いよいよ最終巻へ。2021/09/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17969847
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。