光文社古典新訳文庫<br> すべては消えゆく―マンディアルグ最後の傑作集

個数:
電子版価格
¥1,023
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
すべては消えゆく―マンディアルグ最後の傑作集

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月22日 04時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 311p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334754228
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

出版社内容情報

20世紀後半にフランスで活躍した作家マンディアルグの短編集。エロスと死と謎に満ちた表題作など3篇を収録。

内容説明

パリの地下鉄、隣の席で化粧を始めた女の姿態に目を奪われたユゴーは、慎みとは無縁な彼女の手に思わず接吻してしまうが…。芳醇な性の悦楽が思わぬ展開を見せる表題作、美少女との甘い邂逅から一気に死の淵へと投げ出される「クラッシュフー」など、独自の世界観きわだつ3篇。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

68
遺作に短編二つを収録した一冊。初期の幻想絵画を眺めているような読み心地は影を潜めているが、それでも全体を貫くモチーフは健在。特に顕著なのは「クラッシュフー」で、前半のエロティシズムから後半の死を含んだ不穏な様相まで性と死は表裏一体であるという著者のテーマが一番表れていると思う。表題作はメトロで出会った女優であり娼婦である女性との道行。前半は舞台劇みたいで退屈だが、後半俄然エロチックで面白くなる。ただ傑作「ポムレー路地」の衝撃には比すべくもないかなあ。とあれ著者は最後まで己のテーマを貫いたのがわかりました。2021/01/04

kazi

32
これは、フランス文学ですね・・。中島らもさんがエッセイでマンディアルグと遺作の「すべては消えゆく」を大絶賛していたのを読んで、私も挑戦してみました。もう出だしから最後まで、耽美、神秘、残虐、エロスって感じ(^^;非常に衒学的。あらゆる場面で「イリアス」などの古典からのイメージの引用がある。マルキ・ド・サドとかもそうだと思うけど、これはフランスの高等遊民だけが書ける文学ですやん・・。要するに、何が言いたいかというと・・、恥ずかしながら無知な私には・・、さっぱりついて行けなかったって事です。以上、レビュ終わり2021/04/11

ラウリスタ~

15
20歳ぐらいなら読めたかも…という感覚。自転車乗りの少女に幅寄せして事故をさせ手当てを口実に犯す短編と、パリの地下鉄で隣に座った女性が衆目の面前で化粧を始めたことに興味を抱き痴漢をするも拒絶されないことから女優?娼婦?なのかと考え芝居じみた演技でことに及ぼうとする中編、どちらも2020年に読む本としては正直きついものがある(1980年代までだとこれは笑えた話なんだろうな)。パリの地下鉄(フランス人の持つ地下世界への恐怖、ファンタスム)ものとしての面白さなどは分かるが。シュルレアリスムを今どう読むか悩ましい2020/12/15

ふみふみ

10
「クラッシュフー」は晴れた森の街道が舞台の短編で車とエロスと死がモチーフ。読後感はシュールと言うか白昼夢のよう。表題作は地下鉄から始まる男と女の寸劇ですがペダンチック過ぎて嫌気が差し途中から斜め読み。フランス映画&小説あるあるですかね。2020/08/28

ぶうたん

9
訳本はほとんど持っているはずだが、読むのは「オートバイ」に続いて2冊目じゃないかな。それこそ30年ぶりくらいかも。文章も単純では無く、ストーリーを楽しむエンターテインメントではないので面白いかというと微妙だけれど、表題作の中盤の奇妙な館の中をめぐるくだりは良かった。ポルノグラフィめいた執拗な記述にはやや閉口。急転直下の第二部は短いせいもあって、スタミナ切れなのかと邪推してしまった。いかにもフランス的な作品とは感じた。やはり初期の短編集を読むべきなのだろうな。2020/12/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15687862
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。