光文社古典新訳文庫<br> 存在と時間〈4〉

個数:

光文社古典新訳文庫
存在と時間〈4〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月24日 03時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 424p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753757
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C0110

出版社内容情報



ハイデガー[ハイデガー]
著・文・その他

中山元[ナカヤマ ゲン]
翻訳

内容説明

第4巻では、現存在の世界内存在のありかたそのものを「内存在」という観点から考察する。すなわち、現存在が世界においてどのように実存しているかを情態性、理解、語りという契機から分析し、さらに日常性においていかに頽落しているかを批判的に考察する。(第5章第38節まで)

目次

第5章 内存在そのもの(内存在を主題とした分析の課題;情態性としての現‐存在;情態性の一つの様態としての恐れ;理解としての現‐存在;理解と解釈;解釈の派生的な様態としての言明;現‐存在と語り。言語;世間話;好奇心;曖昧さ ほか)

著者等紹介

ハイデガー,マルティン[ハイデガー,マルティン] [Heidegger,Martin]
1889‐1976。ドイツの哲学者。フライブルク大学で哲学を学び、フッサールの現象学に大きな影響を受ける。1923年マールブルク大学教授となり、’27年本書『存在と時間』を刊行。当時の哲学界に大きな衝撃を与えた。翌’28年フライブルク大学に戻り、フッサール後任の正教授となる。ナチス台頭期の’33年に学長に選任されるも1年で辞職。この時期の学長としての活動が、第二次大戦直後から多くの批判をうける。大戦後は一時的に教授活動を禁止された。’51年に復職、その後86歳で死去するまで旺盛な活動を続けた

中山元[ナカヤマゲン]
1949年生まれ。哲学者、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hitotoseno

5
本巻では世界内存在としての現存在がどういったあり方で世界のうちに投げ込まれているのか、といったことが詳しく語られる。現存在は世界に投げ込まれている時、どうしても世間という日常に巻き込まれなくてはいけないので、頽落せざるを得ない。「世間話」「好奇心」「曖昧さ」といった頽落した現存在が取りがちな態度もあわせて分析されるが、このあたりは刊行から百年経ってなお全く古びていない。2021/04/18

tieckP(ティークP)

4
訳は丁寧だし、解説も本文に寄りそいながら必要な周辺知識を与えてくれる。僕より賢いひとらが岩波訳などで読むのには感服するけれど、僕と同じくらい賢くないひとがあまり本書を手に取ってないらしいのは悲しいことだ。個人的には、気分が認識に先立つという主張はありうると思うのだけれど、それでも哲学が知に偏重するのは知が哲学を支えるからで、はたして気分が認識を左右するなら、それによる変化はきちんと哲学に、そして本書に組み込めるのかなとか考える。内容が等価な哲学書を5度くらい書いたらその差から気分をあぶり出せるだろうか。2018/08/04

イシカミハサミ

3
いよいよ現存在/人間の存在様式に迫る4冊目。 もともと神学的な意味合いの強い哲学から、 “隣人”の存在証明にまで学問を掘り下げた苦労の跡が見えた。 感情を含めて、 ひとがひとらしくある状態を哲学的に展開。 頽落の概念を使えば、 心身のずれとか、性同一性とか、 そういうのの説明にもつながりそう。2019/03/15

bigwada

2
内存在の基本構造としての情態性、理解、語りについての分析とその日常性としての世間話、好奇心、曖昧さ、についての考察が行われる。相変わらず一読では難しいので、本書の詳細な解説及び他の解説書を参考に再読したい。2020/05/14

FA743

0
1回目2020/06/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12795023

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。