光文社古典新訳文庫<br> マノン・レスコー

個数:
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
マノン・レスコー

  • ウェブストアに335冊在庫がございます。(2017年12月15日 08時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 348p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753665
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

将来を嘱望された良家の子弟デ・グリュは、街で出会った美少女マノンに心奪われ、駆け落ちを決意する。夫婦同然の新たな生活は愛に満ちていたが、マノンが他の男と通じていると知り…引き離されるたびに愛を確かめあいながらも、破滅の道を歩んでしまう二人を描いた不滅の恋愛悲劇。

著者紹介

プレヴォ,アントワーヌ・フランソワ[プレヴォ,アントワーヌフランソワ] [Pr´evost,Antoine Fran〓ois]
1697‐1763。フランスの小説家、聖職者。フランス北部のエダンで法律家の家に生まれる。十代で修道院に入るも、ことあるごとに脱走を重ね、それが元で国外逃亡をも余儀なくされる。逃亡中、自らの半生を色濃く反映した長篇小説『ある貴族の回想』を発表、その最終巻に収められた『マノン・レスコー』はヨーロッパ中で一大センセーションを巻き起こした。その後も破産などの理由で逃亡を繰り返すが、多くの小説を執筆し、ラテン語や英語の書物の仏訳によっても文学者としての名声を得た

野崎歓[ノザキカン]
1959年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。フランス文学研究のほか、映画評論、文芸評論、エッセイなど幅広く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ファム・ファタール(男を破滅させる女性)を扱ったフランス心理小説の草分けであり、プッチーニの同名オペラの原作でもある