光文社古典新訳文庫<br> 若草物語

個数:
電子版価格 ¥1,309
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
若草物語

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月18日 08時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 576p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753634
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

感性豊かで個性的な四姉妹と、南北戦争従軍のため留守の父親代わりを務める堅実な母親との、クリスマスから始まる1年間の物語。

内容説明

メグ、ジョー、ベス、エイミー。感性豊かで個性的な四姉妹と、南北戦争に従軍する父親に代わり、家を守る堅実な母親との1年間の物語。隣家のローレンス氏や少年ローリーらとの交流を通し、少女たちは大人に近づいていく。ティーンエイジャーの日常を生き生きと描く、不朽の名作!

著者等紹介

オルコット,ルイーザ・メイ[オルコット,ルイーザメイ] [Alcott,Louisa May]
1832‐88。アメリカの小説家。進歩的な思想家・教育者である父ブロンソン・オルコットと母アビゲイルの次女としてフィラデルフィアで生まれる。家計を助けるため、16歳ごろから執筆を始める。同時に家庭教師などのさまざまな仕事をしながら書き続け、四姉妹の日常生活を描いてベストセラーとなった自伝的小説『若草物語』で作家としての地位を築く。以後、家計の貧困からは解放され、旺盛な執筆活動を続ける。父が他界した2日後である1888年3月4日、55年の生涯を閉じる

麻生九美[アソウクミ]
東京都生まれ。翻訳家。早稲田大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

102
ハウス世界名作劇場で知っていた作品。原作をやっと、読む事が出来ました。序盤、入り込むのに難儀しましたが、4姉妹達が良い子だけでなく、それぞれ、欠点がある等身大の女の子達だと知るとぐっと身近になったよう。特にローリーを参加者が女性だけだった文学クラブへの入会を推薦する場面とメグのロマンス、ラストの合唱は手を打つほど、心が華やぎます。しかし、度々、母親を通しての教訓的なまとめや悪役的なマーチ夫人の描写が来ると鼻白む事もしばしば。恐らく、前に『マーチ家の父』を読んだ影響がまだ、残っていたからだと思います。2019/04/03

おか

88
「ただいまぁ!」って扉開けたら「おかえりなさーい!」って家族が迎えてくれる そんな懐かしい世界です( ◠‿◠ )子供の頃にも大好きだった。当時はベスが良い 否メグが、、、いやぁジョーみたいになりたいかな、、、エイミーは子供だよね、、、なーんて思っていた(//∇//)この四姉妹が良いのは 誰一人完璧に良い子ではない!だからなお一層身近に感じる「なんだぁ 私と一緒じゃん」って思える。その上 この家庭の愛の絆と祈りの暖かさが心地よい( ◠‿◠ )確か四部作だったから まだ楽しめそう╰(*´︶`*)╯♡2018/05/04

molysk

73
真面目でしっかり者のメグ、勝ち気で作家志望のジョー、やさしくつつましいベス、おしゃまで皆に愛されるエイミー。マーチ家の四姉妹は、敬虔な母と、善良な隣人たちに囲まれて、父親が出征で不在の一年に起こった悩みや出来事、事件を乗り越えて、少女から自立した「リトル・ウィメン」へと成長していく。プロテスタントの寓意物語「天路歴程」が重要な役割を果たす本作は、清貧を尊び、労働を歓びとする、清教徒の価値観が貫かれた物語である。同時に、職業人としての活躍が描かれる女性の姿は、本作の小さな愛読者の生き方に大きな影響を与えた。2021/09/23

まりお

42
4人の姉妹の日常物語。今で言う日常系。笑い、怒り、悲しみ、そしてまた笑う。そんな細やかで、騒がしくも温かい姉妹達のお話。2017/12/10

コジ

33
アメリカ児童文学の金字塔。2017年の新訳だけあって非常に読みやすい。また解説の内容も著者の生い立ち、作品のモデル等々こちらも読み応えがあった。四姉妹それぞれ個性的な中、最も人間味のあるはジョー。それもそのはず、この作品のモデルは作者自身の家族であり、ジョーのモデルこそ著者オルコットなのだから。ストーリーは言わずもがなの素晴らしさ。教訓や道徳を伝える数々の名言がある中「善良な人になりたいと真剣に願うことは、そのための闘いを半分終えたようなものなのよ。」が一番心に残った言葉。2018/01/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12368346

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。