光文社古典新訳文庫<br> 君主論

個数:

光文社古典新訳文庫
君主論

  • ウェブストアに56冊在庫がございます。(2017年11月25日 10時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 280p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753610
  • NDC分類 311.6
  • Cコード C0110

内容説明

傭兵ではなく自前の軍隊をもち、人民を味方につけ、時には悪をもためらわない。フィレンツェ共和国の官僚で外交軍事の実務を担ったマキャヴェッリが、君主に必要な力量(徳)を示し、キリスト教的モラルから脱却した新しい君主像を提言した主著。近代政治学における最重要古典の一つ。

目次

君主政体にはどれだけの種類があるか、またそれはどのようにして獲得されるのか
世襲の君主政体について
混合君主政体について
アレクサンドロスに征服されたダレイオス王国が、アレクサンドロスの死後、その後継者たちに対して反乱を起こさなかったのはなぜか
占領以前に自分たち自身の法によって生活していた都市や君主政体をどのように統治しなければならないか
自らの軍事力と力量によって獲得した新しい君主政体について
他者の武力と運によって獲得された新しい君主政体について
極悪非道によって君主の地位を獲得した者たちについて
市民によって作られた君主政体について
あらゆる君主政体の戦力をどのように評価しなければならないか〔ほか〕

著者紹介

マキャヴェッリ,ニッコロ[マキャヴェッリ,ニッコロ] [Machiavelli,Niccol`o]
1469‐1527。イタリア、ルネサンス期の政治思想家。フィレンツェ共和国の官僚。フィレンツェを支配していたメディチ家が追われた1498年、29歳でフィレンツェ共和国の第二書記局書記官長に任命される。フランス、ローマとの外交折衝やビザの奪還など、外交軍事の実務を担った。1512年メディチ家が再び権力を握ると免職され追放。その後は山荘での蟄居生活のなか執筆をつづけた

森川辰文[モリカワヨシフミ]
1946年生まれ。法政大学法学部卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

作者が豊富な経験と思索をもとに、君主はどうあるべきか、いかに権力を獲得、維持、伸長すべきかを進言した政治思想上重要な古典。