光文社古典新訳文庫<br> ヒューマン・コメディ

個数:

光文社古典新訳文庫
ヒューマン・コメディ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年10月23日 09時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 382p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753597
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

第二次世界大戦中、カリフォルニア州イサカのマコーリー家では、父が死に、長兄も出征し、14歳のホーマーが学校に通いながら電報配達をして家計を助けている。彼は訃報を届ける役目に戸惑いを覚えつつも、町の人々との触れあいの中で成長していく。懐かしさと温かさに包まれる長篇。

著者紹介

サローヤン,ウィリアム[サローヤン,ウィリアム] [Saroyan,William]
1908‐1981。アメリカの小説家、劇作家。アルメニア移民の子としてカルフォルニア州フレズノに生まれる。フレズノはアルメニア人の多い町で、その文化に親しみながら、新聞売りや電報配達などで家計を助けた。高校中退後、職を転々としながら小説を執筆。1933年に雑誌発表した短篇が好評を博し、翌年の第一短篇集『空中ブランコに乗った若者』がベストセラーとなる。その後多くの小説、戯曲や回想録を著し、人々に愛された

小川敏子[オガワトシコ]
翻訳家。東京都出身。慶應義塾大学文学部英米文学専攻卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

少年の成長と、町の悲喜交々の風景を、ときにユーモラスに、ときに悲しく描いたサローヤンの代表作。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件