光文社古典新訳文庫<br> 存在と時間〈3〉

個数:

光文社古典新訳文庫
存在と時間〈3〉

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年05月19日 09時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 440p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753580
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C0110

出版社内容情報

「ある」とはどういうことか? 20世紀最大かつ最難関の哲学書であり、哲学史上もっとも重要な書物の第3巻。

内容説明

第3巻はデカルトの存在論の誤謬を批判し、世界内存在としての現存在の空間性と手元存在者の空間性との関係から、世界の世界性を考察する。また、「共同現存在」「世人」などの概念から現存在とは誰なのか、他者とは誰なのかという実存論的な問いを考える。(第1篇第27節まで)

目次

第1部 時間性に基づいた現存在の解釈と、存在への問いの超越論的な地平としての時間の解明(現存在の予備的な基礎分析(世界の世界性;共同存在と自己存在としての世界内存在、「世人」))

著者等紹介

ハイデガー,マルティン[ハイデガー,マルティン] [Heidegger,Martin]
1889‐1976。ドイツの哲学者。フライブルク大学で哲学を学び、フッサールの現象学に大きな影響を受ける。1923年マールブルク大学教授となり、’27年『存在と時間』を刊行。当時の哲学界に大きな衝撃を与えた。翌’28年フライブルク大学に戻り、フッサール後任の正教授となる。ナチス台頭期の’33年に学長に選任されるも1年で辞職。この時期の学長としての活動が、第二次大戦直後から多くの批判をうける。大戦後は一時的に教授活動を禁止された

中山元[ナカヤマゲン]
1949年生まれ。哲学者、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hitotoseno

6
本巻の前半の内容はハイデガーも参照しているカントの「空間における方位の区別の第一根拠について」という短論文を読んでおけばほとんど理解できる。カントはこの論考でいかに我々の空間感覚が、幾何学の想定する空間感覚と食い違っているかということを、ハイデガーよりずっと端的に、かつ鮮やかに解き明かしている。2021/04/07

Kenichi Tsukamoto

4
第四章第二十六節。他者との関わりや孤独についての解説を読んでいると、ものの見方を一変させられるような気分を味わった。興奮した。まだ先は長いが、はたと膝を打つような体験を初めてできたのがこの巻だった。読むのに二ヶ月かかったけど。あと、この文庫は、本編を一節読んだら、その都度解説を読んだ方が読みやすいと思う。2021/12/28

tieckP(ティークP)

3
前巻から時間を置いて読んだが、中山訳らしい豊富な解説のおかげで文脈を思い出して読み進められた。本巻の内容は分かりやすく、デカルトのところは言っている内容は陳腐だが、ハイデガーの思考方針が表れていて理解が進んだ。論旨としては、近代的な空間認識より前の心理的・主観的な(と捉えるのを著者は嫌がっており、実際には異なるのだが、しかしそう喩えるのが一番分かりやすい)認識で世界を見つめよう、という自己啓発書的な内容をいかに哲学に寄せていくかという感じで、良く言えばエモいが、悪く言えば説教くささが目立つようにも思える。2018/07/26

bigwada

1
現存在の空間性のところ(22〜24節)が特に難しい。世人(das Man)の考察は大衆批判として読んでもいいのかな。2020/05/08

イシカミハサミ

0
3巻目。 道具のありようから、 人の存在のあり方まで。 人が神から独立し、 人として立つことを証明するため 自己を喪失してしまうところまで。 次は喪失した自己を取り戻すもよう。 2017/10/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12102412

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。