光文社古典新訳文庫<br> ゴリオ爺さん

個数:
電子版価格
¥1,309
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
ゴリオ爺さん

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年05月18日 16時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 591p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753375
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

出版社内容情報



バルザック[バルザック]

中村佳子[ナカムラ ケイコ]

内容説明

出世の野心を抱いてパリで法学を学ぶ貧乏貴族の子弟ラスティニャックは、場末の下宿屋に身を寄せながら、親戚の伝を辿り、なんとか社交界に潜り込む。そこで目にした令夫人は、実は下宿のみすぼらしいゴリオ爺さんの娘だというのだが…。フランス文学の大傑作を読みやすい新訳で。

著者等紹介

バルザック,オノレ・ド[バルザック,オノレド] [Balzac,Honor´e de]
1799‐1850。フランスの小説家。トゥール生まれ。8歳からの6年間、寄宿学校に入れられる。17歳で代訴人の事務所に見習いとして入り、パリ大学法学部に通う。このころから文学者を志し、20歳のころパリ市内の屋根裏部屋に住んで小説を執筆し始める。人間を観察し、その心理を精密に描きつつ、社会全体をも映し出す長短編小説を次々に生み出し、巨大な作品群によってフランス社会そのものを表す「人間喜劇」を形成していく。旺盛な執筆活動の他に、年上の貴婦人たちと数々の浮き名を流したことでも知られる

中村佳子[ナカムラヨシコ]
1967年広島県生まれ。フランス文学翻訳家。広島大学文学部哲学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ykmmr (^_^)

150
『人間喜劇』は長い(?)その中の有名作。解説にも書いてあったが、『リア王』の一編に置かれても違和感のない作品。また若い女性たちに対するゴリオ爺さんの『扱い方』が川端文学の『山の音』にも、私は見えた。喜劇ならぬ、『悲劇』を金と変なプライドで育てて、それを崩して更に強化。『金』は良くも悪くも、『人』と『人生』を変える。しかし、ゴリオ爺さんは何だか憎めない稀代のマイペース。作品はスピード感があるのに、彼はそれに挫けません。(笑)最後の青年ラスニャックも、「当たって砕けろっ。」とマイペースに啖呵を切る。2023/01/05

ねこ

144
少し前、週刊ダイヤモンドのコラムで「今だから読みたい本」として「ゴリオ爺さん」が紹介され読みました。200年程前のパリの社交界を舞台に、主人公の若く野心溢れる貧乏学生のラスティニャック。タイトルにもなっている2人の娘を持つゴリオ爺さん。商人あがりの40男ヴォートラン。ゴリオ爺さんの娘達、ニッシンゲン夫人とレストー夫人。他にも登場人物は多く相関表を見つつ読みました。この物語の主題は「絶対にわからないだろうと期待して悪事を犯すこと」に対しての個々人の良心と野心の葛藤にあると私は感じました。今も昔も変わらないね2023/03/03

藤月はな(灯れ松明の火)

118
一昨年の年末に挫折した本に挑戦。ゴリオお爺さんに注目すると悲惨な物語ですが、社交界での成り上がり術の場面は『赤と黒』並に面白い!だが、元々は商売への先見の明もあり、小麦の種類も口にしただけで分かる、凄い人が何故、ここまで周囲から馬鹿にされ、蔑まされればならなかったのかと無常観に襲われる。ゴリオお爺さんの姿を見ていると何故か、『よだかの星』のよだかみたい痛ましさを覚えずにはいられないのです。義理の息子ではなく、都合の良い時に金をせびりに会いに来るバカ娘共を一度、引っ叩くなりすりゃまだ、救われたのですが・・・2019/01/05

夜長月🌙@5/19文学フリマQ38

77
結婚の意味合いは時代と共に移り変わります。19世紀のパリで結婚とは地位とお金を得るためのものであり不倫とは愛を得るものでした。ゴリオ爺さんはそんな時代に翻弄された一人です。父娘の愛情において娘のためなら命さえ投げ出す父は珍しくありません。しかし、その愛を当然のものとして感謝さえもしないのには悲しみしかありません。もう一人の重要人物ラスティニャックの野心のゆくえからも目を離せません。その到達点である世界の無惨を詰め込んだような高貴な人々の舞踏会は圧巻でした。全てが終わった時こそが彼の始まりのときだったのです2022/02/19

著者の生き様を学ぶ庵さん

48
恥ずかしながら、初バルザックであります。二人の娘が結婚した後も娘を溺愛する父は、金の切れ目で娘に捨てられ、社交界で金にまみれる娘の真の姿を知って叫ぶ。魂の叫びはこれだ。「この目はなにひとつごまかされませんでした。すべてが計算づくでした。わたしの心は傷だらけになりました。全部ごまかしだとわかっていたからです。しかしわかっても、なにもできない」。子を持つ親はゴリオ爺さんの如し。残念ながら、子供に期待はできない。本当に残念。2016/10/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11169074
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。