光文社古典新訳文庫<br> 失われた世界

個数:
電子版価格 ¥957
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
失われた世界

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月27日 23時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 439p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753283
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

恐竜冒険物語の始祖ともいえるドイルの傑作。シャーロック・ホームズの物語と双璧をなすチャレンジャー博士シリーズの代表作

内容説明

変人として有名なチャレンジャー教授は、南米に絶滅動物たちの生息する台地が存在すると主張する。真偽を確かめるべく、新聞記者の「ぼく」、懐疑派のサマリー教授、スポーツ万能のロクストン卿は探検隊を結成し、アマゾンの奥地を目指すが…。胸躍るSFの大傑作を読みやすい新訳で!

著者等紹介

ドイル,アーサー・コナン[ドイル,アーサーコナン] [Doyle,Arthur Conan]
1859‐1930。英国エディンバラ生まれ。「シャーロック・ホームズ」シリーズで大人気作家となる。また、『失われた世界』をはじめとするSFや、歴史小説など、数多くの作品を残した。正義感に溢れ、南アフリカでの英国の戦争に医療奉仕団の一員として赴いたり(帰国後ナイト爵に叙せられる)、晩年は心霊学に熱中した。日本でも「新訳シャーロック・ホームズ全集」(全9巻、光文社文庫)をはじめ、多くの作品が翻訳されている

伏見威蕃[フシミイワン]
翻訳家。1951年生まれ。早稲田学商学部卒。文学、ミステリーや冒険小説、軍事や政治経済のノンフィクションまで、幅広いジャンルの翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mae.dat

168
新訳に際して、註の充実が嬉しい。無かったら普通に読み進めて、背景を気にしないままだったと思うので。 小学生の頃に読んだ気になっていたけど、どうも思い違いだったみたい。又は子供向けに大きく改変されていたのか? メインの舞台に辿り着くまでのお話も結構長くて、お話の世界に入り込めなかったな。(´๑•_•๑)。メインの舞台でも、それはダメでしょうって行動もあってね。2021/03/14

はたっぴ

97
〝シャーロック・ホームズ〟の生みの親による長編SFを堪能。作品の素晴らしさと共に、解説でのドイル氏の多彩な経歴が目を引き、著者自身が小説になりそうな人生を送っていることに驚嘆した。『ジュラシック・パーク』『キング・コング』など数多くの作品に影響を与えたそうだが、さもありなんという面白さ。奇人チャレンジャー教授の下に集まった3人が、メイプルホワイト国へ潜入してからの冒険の数々が、躍動的な描写とリアルな挿絵により視覚や聴覚を刺激する。大嫌いなお化け屋敷を覗き見るような怖さと好奇心がせめぎ合う楽しい読書だった。2017/06/24

マエダ

69
久しぶに童心に返って心踊る小説を読んだ。面白いだけで本を選ばなくなって、擦れてしまった心の養分である。2019/06/30

みっぴー

56
シャーロック・ホームズシリーズより面白い!巨匠のSF大傑作です!アマゾンの奥深くにそそりたつ絶壁(300メートル!)その上には進化系から外れた古代生物が生息しているとか…変人チャレンジャー教授をはじめ、個性的なキャラクターが織り成す冒険憚です。火山活動により人間世界とは切り離されたロスト・ワールドに待つものとは--某狩りゲーが好きな人には、堪らない作品です。未来系のSFはあまり食指が動かないのですが、そうか、古代生物系のSFがすきだったのか自分。2017/05/07

つねじろう

49
そう説明不要のコナン・ドイル氏の定番。新訳で大変読み易くなってます。最初に読んだのは中一だったと思うけどこの本の世界観と畳み掛けるような有無を言わさないスピード感はこの年で読んでも素晴らしい。さすがサー・ドイル、一足飛びにあの頃感じたワクワクドキドキの冒険の旅に連れてってくれる。それと何と言ってもチャレンジャー教授、彼のぶっ飛び感は突き抜けてる。アマゾンのジャングル、ステゴサウルスのスケッチ、人喰いワニ、散らばる骸骨、霧に煙る台地、羽ばたく翼竜。100年経った今でも男の子心を失わせないロストワールドです。2016/05/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10694422

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。