光文社古典新訳文庫<br> 白痴〈1〉

個数:
電子版価格
¥891
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
白痴〈1〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月13日 20時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 466p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753207
  • NDC分類 983
  • Cコード C0197

出版社内容情報

ドストエフスキーの5大長編の中でもロマンとサスペンスに満ちた、最高の恋愛小説とも呼ばれる傑作。(全4巻)

内容説明

人々は彼を、愛情をこめて「白痴」と呼ぶ…。この最高の「恋愛小説」はペテルブルグへ向かう鉄道列車の中から始まる。スイスからロシアに帰る途中のムイシキン公爵と父親の莫大な遺産を相続したばかりのロゴージン。2人の青年が出会った絶世の美女、ナスターシャをめぐる熱き友情と闘い。

著者等紹介

ドストエフスキー,フョードル・ミハイロヴィチ[ドストエフスキー,フョードルミハイロヴィチ] [Достоевский,Ф.М.]
1821‐1881。ロシア帝政末期の作家。60年の生涯

亀山郁夫[カメヤマイクオ]
1949年生まれ。名古屋外国語大学学長。東京外国語大学名誉教授。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

95
「長い・小難しい・テンション高い人々が多すぎ」なドフトエフスキー作品でとうとう、『白痴』に着手。元・癲癇持ちで「白痴」と呼ばれるムイシキン公爵ですが、彼は嫌味ではないピュアさがあって人々がその言動に苛立ちつつも好感を抱いてしまうのも納得。一方で俗物・器の小ささ丸出しのガーニャ、最低!だからこそ、ナスターシアがガーニャに「燃えているお金を拾いなさい!」という場面はドS心にも満足しました(黒笑)いつ、次巻の翻訳が刊行されるのか、楽しみで待ち遠しい作品が増えました。2017/03/10

Shintaro

59
やあドスト、久しぶりだね。まあゆっくりしていきなよ。僕もじっくり付き合うつもりだ。前回の『罪と罰』に比べてさらに饒舌になっているね。僕にとっては登場人物の独白を追うだけで物語が展開するから早く読めるが、執筆も早くなるんじゃないかい。それにしても大作を次々に書く執筆意欲は大したものだね。さすが文豪と言われるだけある。本作には金(相続)、恋愛、名誉、人間関係、嫉妬などありとあらゆる要素がある。そして韓ドラのように驚くべき展開がある。ムイシキンはイノセントを象徴する。対して小悪魔のようなナスターシャ。次巻へ。2017/08/14

kazi

45
やっと1巻読み終わりました~。4大小説の中でもっとも難読だと感じるのは私だけでしょうか?登場人物が多い上に各人が複雑な思惑で行動しているので、物語の流れを理解するのに非常に難渋しました。今作も相変わらず巻末にある解説の充実ぶりが凄まじい。作品が成立した当時のロシアの時代背景など、作品を読み進める上で非常に参考になりました。解説でも触れられていたがナスターシャの誕生日の祝いの席でのムイシキン公爵の「あなたは苦しみぬいて、それでもあの地獄から清らかなまま出てこられた」というセリフが気になる。2021/01/28

里愛乍

42
久しぶりのドストエフスキーです。誠実で大人しそうに見えてぽろっと辛辣、老若男女問わず人に好かれるタイプの青年が主人公。相変わらずよく喋る登場人物たち、キャラの書き分けが見事です。初対面からロゴージンに好かれたり、夫人や三人の娘さんとお喋りしたり、かと思えばガーニャにめんどくさい感情持たれたり(これはやたらと彼の地雷を踏んでるからだけど)とかくこの巻き込まれ的な立場にいながらも天然な公爵の言動に読み手としても惹かれずにはいられない。死刑の描写は見事ですね。一番興味深かったかも。2019/05/14

田中

32
ドストエフスキー五大長編の中では「ムイシキン公爵」が一番好きな人物だ。彼の無私な純真さに惹かれるし、シンパシーを覚える。絶世の美貌で世の注目を集める「ナスターシャ」は、大金持ちのパトロンがいる。世間からは、妾のように卑下される彼女は、仮面を被ることで皆のイメージに沿うような醜悪な振る舞いを演じる。贅沢三昧の暮らしを謳歌する。でも、仮面の裏には、貞淑さと純愛を希求する清い心があるのだ。ムイシキン公爵が、彼女の肖像写真にキスをする場面が象徴的だろう。ナスターシャの素顔と全貌を公爵が把握した瞬間である。2022/10/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9983220
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。