光文社古典新訳文庫<br> 人間の大地

個数:
電子版価格 ¥1,023
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
人間の大地

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年06月29日 21時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 349p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753146
  • NDC分類 954
  • Cコード C0197

出版社内容情報

『夜間飛行』のエピソードなどが多数描かれ、現代人に生活と行動の指針を与える世紀の名著。

内容説明

郵便機のパイロットとして長いキャリアを持つ著者が、駆け出しの日々、勇敢な僚友たちのこと、アフリカや南米での人々との交流、自ら体験した極限状態などについて、時に臨場感豊かに、時に哲学的に語る。人間にとって大切なものは何かを鋭く問うたサン=テグジュペリ文学の大傑作。

著者等紹介

サン=テグジュペリ,アントワーヌ・ド[サンテグジュペリ,アントワーヌ・ド] [Saint‐Exup´ery,Antoine de]
1900‐1944。フランスの作家、飛行家。兵役で航空隊に志願、除隊後は民間航空業界に入る。26歳で作家デビューし、自らの飛行体験に基づく『南方郵便機』『人間の大地』などを発表した。1931年に発表した『夜間飛行』はアンドレ・ジッドに絶賛され、またフェミナ賞を受賞。また1942年の『戦う操縦士』は、ヒトラー『我が闘争』に対する「民主主義からの返答」として高く評価される。詩情あふれる『ちいさな王子』は、子どもから大人まで今も世界中で愛され続けている

渋谷豊[シブヤユタカ]
1968年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1995年から8年間のパリ滞在を経て、信州大学人文学部准教授。パリ第四大学文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はっせー

125
めっちゃ面白かった! この本は『星の王子さま』の著者が書いた郵便機の話である。サン=テグジュペリさんは実際に郵便航空会社に就職して実際に空を飛んでいた人である。だからこの話はサン=テグジュペリさんが実際に起こったことを小説にしている。そのため話がリアルでためになるものであった。そして文章はほんとうに美しい。著者の文章力もすごいが、訳者の渋谷さんも美しい日本語に訳してくれたため読みやすくスラスラ読めた。まだ『星の王子さま』を読んだことがないので読みたいと思った!2019/11/11

naoっぴ

89
パイロットのサン=テグジュペリの自伝的作品。さまざまなエピソードの中からリアルに叙情豊かに、人間のあり方が描き出される。臨場感ある冒険譚も素晴らしいが、極限状況にこそ見えてくる人間の神聖な精神性に深く感じ入った。星空の下、砂丘に横たわり自分を繋ぎとめる力を感じるとき。遭難したのは自分だが、真の遭難者は自分ではないことに気づくとき。死を目前にした人間同士の連帯感。人にとっての真の幸福とは、真実とは何かを考えさせられる。読む時期により心に留まる箇所もさまざまだろう。折に触れて読みたい本。2019/04/22

はたっぴ

85
先日の『闇の奥』の著書コンラッドは船員生活から得られた体験をもとに人間社会の闇を描いたが、サン=テグジュペリは飛行家として発表したエッセイやルポをこの作品にまとめている。自身の職業を小説に出来るのは素晴らしいこと。実体験をもとにした作品を手にした読者(私)は本当に幸せだ。パイロットとして高い空から大地を見渡すように、人間そのものを俯瞰して捉えた文章は、人々を抱擁するような優しさと強さに溢れ、どれほど時間が経っても色褪せない。北杜夫さんや須賀敦子さんのエッセイで絶賛されていたこの一冊。大いに共感して ⇒2016/07/16

巨峰

79
郵便機パイロットだった作者が自身や僚友のエピソードを語ったエッセイ。飛行機ものとしては「夜間飛行」と同じなのだけどあちらが創作でありながら散文詩のように叙事詩のように出来事が語られるのに対して「人間の大地」はかなり主張やら意見やらつまりは哲学が入ってくる。どちらが好きかは人によるんじゃないかな。広い世界を知ること今までとは違う角度から広い視野でみること。そうさ飛行機に乗って。2016/10/10

molysk

66
大地は人間に多くを教えてきた。様々な道具で大地に抗うことで、人は自身を知る。そして、パイロットは飛行機を道具として、自然の神秘を暴いていく。航空の黎明期に大空に挑んだ人々は、不毛な自然が大地の多くを覆うがゆえに、わずかな土地で人間の生活が営まれることの奇跡に心を動かされた。空に天からの使命を見出した人々は、共通の目的によって同胞と結ばれるとき、極限状態の中でもこの上ない充足感に満たされていた。読み終えて感じたのは、わずかながらも人間の未来に前向きな気持ち。勇気を奮い立たせる言葉が、本書にあふれている。2020/10/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9823645

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。