光文社古典新訳文庫<br> あしながおじさん

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
あしながおじさん

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月05日 15時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 334p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753139
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

1912年に発表されたアメリカの児童文学。いまだに女子小中学生を中心に「必読書」「愛読書」となっている名作を。

内容説明

孤児のジュディは文才を認められ、ある匿名の紳士の援助を受けて大学に通わせてもらえることに。新たな環境で発見と成長の日々を送りながら、ジュディは「あしながおじさん」と名付けたその紳士に、お茶目な手紙をせっせと書き送るが…。世界中で愛読される名作を新訳で。

著者等紹介

ウェブスター,ジーン[ウェブスター,ジーン] [Webster,Jean]
1876‐1916。米国ニューヨーク州出身の小説家。母は文豪トゥェインの姪で、父はトゥエインのビジネス・パートナー。寄宿学校時代に18歳でアリスからジーンに改名。名門女子大ヴァサー・カレッジに進み、経済学と英文学を専攻する。在学中、新聞に「女子大生のおしゃべりコラム」を連載して好評を博すと、卒業後、その文体を活かした初の小説『パティ大学に行く』を出版。一方、社会改革にも深い関心を持ち、イタリアの貧困問題を取り上げた小説『小麦姫』も執筆している

土屋京子[ツチヤキョウコ]
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

101
子供の頃に読んだ『あしながおじさん』。新訳ということで手にしました。面白かったです。匿名の紳士の援助で大学に通うことになったジュディ。条件は学園生活を手紙で送ること。その手紙がお茶目で可愛くて、生き生きと学園生活を送っているのだなと思いました。目を輝かせながらジュディの語る話を聞いているような気分になります。懐かしい気持ちと共に楽しい気分でいっぱいになりました。最後の手紙がやっぱりキュンときますね。2015/11/01

巨峰

73
どろどろに汚れきった私でも読中なんだかこころが洗われているような清涼感があった。ジュディが文学志望の学生ということで、書簡中に 名作が話題としてとりあげられているのが嬉しい。それらを既に読んだ人にも過日の思い出を呼び起こすような素敵な感想。そして大学教育に対する興味を子供たちにおこさせる教養主義的な小説だと思った。ジュディの可変モビルスーツのような変幻自在の文体を、いきいきと訳した訳文が素敵。土屋京子さんには「秘密の花園」の素晴らしい翻訳があります。2015/07/27

シュラフ

50
なにかと鈍い私ではあるが、途中から"あしながおじさん"の正体はペンドルトン氏だと見破った。自らの正体を隠しつつ相手に接近して、相手の本音を引き出すというのも少しいやらしくないか、というのが本音の感想。でも、ジュディが良しとするなら、それはそれで結構。物語の根底には、社会的弱者に対する救済はいかにあるべきか、という社会福祉の問題がある。この物語では、支援によって孤児であるジュディという女性が自立を目指すというもので、社会的な弱者支援の思想がある。ブルジョアを嫌悪し、社会主義を賛美する様が見られ、興味深い。2017/09/30

そうたそ@吉

43
★★★★☆ 名作少女小説を挙げるとすれば間違いなくその中に入ってくる不朽の名作。この本を手に取る人は、子供の頃にも読んだが大人になって改めて読もうという人と、読まずにきたので手に取ってみようとする人がいるだろうが、個人的には後者である。基本的にジュディのあしながおじさんへの手紙で構成される作品だが、手紙の中に若き女性=ジュディの喜怒哀楽、精神的葛藤等々が生き生きと表現されており非常に面白い。時にきつくあたってしまったり、「ハゲてますか?」などという質問をしてしまう辺りもかわいらしい。2015/08/26

ふじさん

39
早く読むべきだったと心底後悔した傑作。当然概略には事前知識もあったが、実際の作品に当たるとまた大きく印象が異なり、良い意味で予想外。書簡体の形式で綴られる主人公の日常は、自由に開かれた世界へ踏み出し始めた喜びと煌めきに満ち満ちており、それだけでも胸に迫る物があった。訳文が巧いのかお喋りな女学生の話し言葉が見事に表現され、更には『文体練習』めいた実験的な諧謔まで盛り込まれて一瞬も飽きない。一切の邪念なく、おじさんになった感覚で微笑ましく読んでいた為オチには若干複雑な想いもありつつ、肉親を持たない孤児の少女→2021/11/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9795777

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。