光文社古典新訳文庫<br> くるみ割り人形とねずみの王さま/ブランビラ王女

個数:
電子版価格 ¥1,309
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
くるみ割り人形とねずみの王さま/ブランビラ王女

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月23日 19時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 470p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753092
  • NDC分類 943
  • Cコード C0197

出版社内容情報

チャイコフスキーのバレエで有名な「くるみ割り人形」の“本当”の原作。ホフマンの代表的ファンタジー2作品を収録。

内容説明

クリスマス・イヴに贈られたくるみ割り人形。その導きで、少女マリーは不思議の国の扉を開ける…。珠玉のメールヘン「くるみ割り人形とねずみの王さま」。役者ジーリオとお針子ジアチンタの恋が大騒動を巻き起こす「ブランビラ王女」。奔放な想像力が炸裂するホフマン円熟期の傑作2篇。

著者等紹介

ホフマン,エルンスト・テオドール・アマデウス[ホフマン,エルンストテオドールアマデウス] [Hoffmann,Ernst Theodor Amadeus]
1776‐1822。ドイツの作家。ケーニヒスベルク生まれ。2歳のときに祖母にひきとられる。ケーニヒスベルク大学法科に入学後、もっぱら作曲や楽器演奏、絵画に励む。卒業後、司法官試補を経て陪席判事に任じられる。1804年、南プロイセン政庁参事官としてワルシャワ入りし、2年後、ナポレオン軍のワルシャワ侵攻のために失職。劇場音楽監督の職を求めてバンベルク劇場と契約。支配人補佐の地位を得た後、作曲家、演出家として活躍する。1814年『カロ風幻想作品集』を出版。46歳で、脊椎カリエスのため死去

大島かおり[オオシマカオリ]
1931年生まれ。東京女子大卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nobby

115
『くるみ割り人形とねずみの王さま』のみ読了。チャイコフスキーのバレエ組曲は多く耳にしたことはあるけれど、バレエも観たことない、話の内容も全く知らない…そもそも“くるみ割り人形”って何なの!?(笑)そんな無知な状態から味わったのは、幼き少女マリーの夢と現実の交錯する憧れと恋の物語。何より印象的なのはネズミの脅威と魅惑溢れるお菓子♬読み終わっての第一声は、あんまり得意じゃないかな…虚構と実際が混同する展開を、子供向けにとあえて曖昧に描かれるのに戸惑うばかり…それが自分が苦手と感じてる宮沢賢治と重なり残念無念…2020/01/20

藤月はな(灯れ松明の火)

86
大好きなチャイコフスキーの曲の原作。しかし、モーリス・センダック氏が押絵を書いた絵本も小さい頃、読んでいたのですが、長いのと絵が怖すぎた(特に鼠の王様と鼠の呪いにかかってしまったリリパット姫)ので未だにトラウマとなっています。こちらは筋が通っています。でも同時収録の「ブランビラ王女」はさっぱり、わからない!作者による読者への解説的なメタ的語りが入る上、妄想と現実がゴッチャ混ぜ、アイデンティティの混乱や意識の流れ的な描写も!多分、ドイツ文学上での『不思議の国のアリス』やウルフ作品みたいな革新的作品なのかも。2017/04/29

免疫力爆上げした ♪みどりpiyopiyo♪

54
面白かったー♪ この珠玉のメールヘンは200年も前、ナポレオンの時代の作品なのですね。当時の上流階級の習俗や子供観が読み取れます。プロイセン王国って本当にあったんだ!■バレエの演目で馴染んでたけど、なになに?こんなにスペクタクルで目まぐるしいお話だったの?! 謎に包まれたドロッセルマイヤーおじさん、くるみ割り人形軍とねずみ王国の容赦無い戦い、箪笥のコートの袖からはしごで向かう甘く煌めくお菓子の国…。■夢と現とそのまたこちら。幾重にも重なるメールヘンに眩暈をおぼえるのでした。(1816年、2015年)(→続2016/12/24

みっぴー

48
チャイコフスキーの『くるみ割り人形』と言えば、誰もが聞いたことのあるタイトルだと思います。本書はその原作です。なかなか壮絶でした。怖い。どこまでが現実か分からないし、誰が嘘をついているのか分からない。全く子供向けの要素がありません。二作目の『ブランビラ王女』は、更に上を行く訳の分からないストーリー展開。作者のホフマン、きっと知らないうちにセンターラインはみ出して運転してるタイプだと思います。2017/03/23

そうたそ@吉

42
★★☆☆☆ ひょんなことからロシアのバレエ団の「くるみ割り人形」全幕を見る機会があり、はて原作はどんなものかと思い気になって手にとって見た次第。バレエでは完全にメルヘンチックな世界観に溢れているが、原作はそういう部分ももちろんありつつ、ブラックな部分も大いにあったりしてバレエとは全く別物なんだと思うに至った。こう読むと、バレエとしての形が完成されすぎていて原作を読んでもあまりしっくりこない。「くるみ割人形」が気になって読んだので、「ブランブラ王女」に関してはほぼほぼ流し読みで済ませてしまった。2016/02/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9691950

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。