光文社古典新訳文庫<br> 感情教育〈下〉

個数:
電子版価格 ¥1,045
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
感情教育〈下〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月27日 08時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 470p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334753030
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

故郷で悶々とした生活を送るなか、フレデリックに思わぬ遺産がころがりこんできた。パリに舞い戻ったフレデリックはアルヌー夫人に愛をうちあけ、ついに媾曳きの約束をとりつけることに成功する。そして、運命のその日、二月革命が勃発するのだった…。自伝的作品にして歴史小説の最高傑作。

著者等紹介

フローベール,ギュスターヴ[フローベール,ギュスターヴ] [Flaubert,Gustave]
1821‐1880。フランスの小説家。ルーアンで外科医の息子として生まれる。大学でははじめ法律を学ぶが性に合わず、創作活動に向かう。1857年、4年半をかけて書き上げた処女作『ホヴァリー夫人』が、訴訟事件が起きたという宣伝効果もあってか大ベストセラーになり、作家としての地位を確立した。晩年は長編『ブヴァールとペキュシェ』に精力をつぎ込んだが、完成を見ずして1880年、自宅で死去

太田浩一[オオタコウイチ]
フランス文学翻訳家。中央大学兼任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

扉のこちら側

94
2016年380冊め。【187-2/G1000】坂道を転がるように落ちた一目ぼれから恋が始まったように、一見起伏に乏しいようなフレデリックの感情は激情とも言える。ただそれは、あまりよい方向には彼を導かず。アルヌー夫人、ダンブルーズ夫人、ロザネット、ルイーズの四人の女性の存在はおもしろかったし、革命のパリの雰囲気も感じられた。2016/06/07

藤月はな(灯れ松明の火)

89
『ルルージュ事件』がきっかけで知り合った読友さんの呟きがなければ、多分、読まなかった本でしょう。自由革命から二月革命へのフランス動乱期と共に男の愚かさも炸裂する巻。子供を妊娠し、堅気になる苦労も惜しまないロザネットを「売女」と罵り、意識して会わないアルヌー夫人へのあてつけでシジーに婚約を申し込む、結婚を迫るダンブルーズ未亡人になおざりに承諾するフレデリックに「最低・・・」と呻かずにいられない。同時に貴族の破産の悲惨やセネカルの変成ぶりに『レ・ミゼラブル』には書かれない革命と人間の暗部を見る。あゝ、無情。2017/04/16

巨峰

77
下巻では、2月革命下のパリで右往左往する社会が背景となる。ただ、「二都物語」などに比べると物語にその社会情勢が及ぼす影響はそんなにない。というのは主人公フレデリックがあまりに自分勝手で適当すぎるから。この人がどんどん生きにくくなるのは社会情勢のせいじゃないわ。どんな社会でもこの人は何もできないよと思ってしまう。最低最悪な主人公だと思うんだけど、その彼自身の行いのせいでか、最後には彼を騙そうとか貶めてやろうという人しか彼の周りに残らなかった感じ。競売の悲惨なシーンに繋がる。それでも、面白い小説でした。2017/12/11

NAO

60
めまぐるしく移り変わる時流にうまく乗った者もいれば、乗り切れずに破滅する者もいる。何度か代議士に打って出ようとしたものの、フレデリックは結局何にもなれないまま、女たちとの浮名を流し、ただ無為に財産を食いつぶしただけ。動乱の時代に生きるのは、大変なことに違いない。だが、この喧騒の中でのフレデリックの停滞は何としたものだろう。感情教育。教育というと、そこには良い結果が予測されるが、フレデリックにとっては、未来は明るいものではなかった。それでも、女たちとの恋愛経験は、彼をいくらか大人にしたのだろうか。 2017/01/12

のっち♬

55
アルヌー夫人への恋慕を募らせつつも、主人公は失意の中、肉惑的なロザネットや権力者ダンブルーズ夫人の愛人になる。故郷には彼を慕うルイーズも。四人の女性との並行した恋愛や、出会った様々な人から施される『感情教育』による彼の変化も魅力だが、二月革命の模様も生き生きと活写されており、人と歴史の動きを巧みにシンクロさせて、クライマックスを形成していく。ストーリーは次第にスピード感を増し、終盤は息をも持つかせぬ展開。離別の場面も美しい。「感情に重きを置き過ぎた」ために、政治面も恋愛面も実らない彼の姿が空虚感を残す。2018/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9042776

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。