光文社古典新訳文庫<br> ガリレオの生涯

個数:
電子版価格 ¥1,089
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
ガリレオの生涯

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年07月07日 17時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 346p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752644
  • NDC分類 942
  • Cコード C0197

内容説明

地動説をめぐり教会と対立し、自説を撤回したガリレオだったが、幽閉生活で目が見えなくなっていくなか、じつは秘かに『新科学対話』を口述筆記させ、秘匿していたのだった…。ナチス支配下から冷戦までの状況下で書き続けられた“自伝的戯曲”であり、ブレヒト最後の傑作。

著者等紹介

ブレヒト,ベルトルト[ブレヒト,ベルトルト][Brecht,Bertolt]
1898‐1956。ドイツの劇作家、詩人、演出家。南ドイツ生まれ。1917年ミュンヘン大学哲学部に入学したのち、医学部に転部。’18年に第一次世界大戦に召集され衛生兵として勤務。’22年ミュンヘンで初演の『夜打つ太鼓』が成功をおさめ、一躍脚光を浴びる。ナチスの弾圧を逃れ、’33年から北欧、アメリカと亡命生活を続ける。戦後は東ドイツに戻り、劇団を設立。自らの演劇活動を再開させたが’56年心筋梗塞のため死去。「叙事的演劇」「異化効果」「教育劇」をはじめ、さまざまな新しい演劇の理論を生みだし実践することで、戦後の演劇界に大きな影響を与えた

谷川道子[タニガワミチコ]
東京外国語大学名誉教授。ブレヒトやハイナー・ミュラー、ピナ・バウシュを中心としたドイツ現代演劇が専門(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

molysk

40
動いているのは、太陽ではなく、地球である。地動説を支持するガリレオの研究は、神が創造された地球が、すべてのものの中心である、とする聖書への挑戦であった。宗教裁判で自説の破棄を強制され、異端者として生涯を監視の目の下で過ごすことになるも、理性の勝利を疑わないガリレオは、「新科学対話」を完成させて、弟子の手に託す。科学の使命は、貧困にある無知な大衆を解放することではないか?だが、権力者の脅迫に屈した自己を恥じるガリレオ。知識を人類の幸せのためだけに使う。この誓いを、ブレヒトはわれわれにも問いかけている。2020/08/02

巨峰

30
ガリレオ・ガリレイについては、子供の頃に伝記を読んで以来の再会で、なにかと新鮮でした。戯曲というより、優れた伝記であり、哲学書のように思いました。師弟の絆の強さがよかったです。2013/09/17

壱萬弐仟縁

28
著者逝去の翌年1957年初出。ガリレオ曰く、うまいものを食っていると、一番いい考えが浮かぶんだよ。何と腐った時代だ!(56頁~)ベラルミーノ枢機卿曰く、理性は十分には行き渡らないものですよ、あなた。周りを見渡しても、誤りや犯罪、欠陥だらけ。真理など、どこにありますか? ガリレオ怒っていわく、私は理性を信じております(129頁)! ガリレオまた曰く、美徳というのは、貧困と結びついているわけではない。いまは痩せた畑から痩せた美徳しかつくられない。2015/01/16

りえこ

16
ガリレオの事は、あまり知らなかったので、興味深く読みました。2014/10/28

またの名

11
いろいろ言われてる光文社古典新訳の内でもとても成功した翻訳プロジェクトの一つが、ブレヒト新訳では。ベンヤミンが指摘するように民衆が本当の主役なら、これだけ読み易く新鮮な訳を得たのは本作にとって本望か。例のブレヒト・パネル(多分)が「偉大な人のすることが、すべて偉大というわけではない」と告げてから展開される望遠鏡の顛末などが語る、人間的に完璧に信頼できるかどうも怪しいガリレオの凡庸な人間性が、人類の歴史にまさしく驚天動地の大転回をもたらす真理への忠誠と旧弊的な社会との間の葛藤のドラマに昇華されるのは、圧巻。2015/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6126914

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。