光文社古典新訳文庫<br> 仔鹿物語〈下〉

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

光文社古典新訳文庫
仔鹿物語〈下〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月15日 07時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 433p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752613
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

フラッグと名づけられた仔ジカは、ジョディの無二の親友となった。だが、育ちざかりのフラッグは次第に一家の大事な畑を食い荒らすようになり、父はジョディに厳しい決断を迫る…美しくも苛酷な自然の中で、逞しく生きる人々の姿を力強く描いたアメリカ文学屈指の名作。

著者等紹介

ローリングズ,マージョリー・キナン[ローリングズ,マージョリーキナン][Rawlings,Marjorie Kinnan]
1896‐1953。アメリカの小説家。ワシントンDCに生まれ、子どものころから創作コンテストに度々入賞し才能を発揮する。大学を卒業後、新聞記者となるが、作家としては芽が出なかった。1928年、旅行でフロリダ半島の奥地を訪れ、原生林の残る自然に感動し、居を定める。以後はこの地方を舞台にした小説を生み出し、1938年の「The Yearling」がベストセラーとなり、ピュリッツァー賞を受賞する

土屋京子[ツチヤキョウコ]
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

市太郎

4
「人生とはいいものだが、人生は人間をぶちのめす。立ち上がるとまたぶちのめす。ぶちのめされたらどうするか?それが自分の背負うものだと受け止めて前に進むしかないんだよ」少年の成長を通じて自然との共生の難しさを伝える傑作だった。この物語に出てくる自然は人生と置き換える事も可能だろう。まさに少年の人生はこの自然の中にあるのだから。2013/05/14

Ayanosuke

2
胸が抉られるような気持ちになりました。2013/01/24

くりかのこ

2
読み終わってからずっと(といってもまだ半日しかたってないけど)この作品のこと、特に最後のあたりのペニーの言葉が頭から離れない。それだけいいインパクトのある物語だった。2013/01/11

シェル

1
途中少し長いな、と思ってしまいましたが最後の方の鹿との別れやペニーの言葉に胸が締め付けられるようでした。児童書の扱いになっているようですが大人にもおすすめしたいです。2014/07/07

APOM

1
最後の場面ではぎゅっと胸が締め付けられる思いに涙腺がうるっと来た。人生は思うようにならない。だけど生きていくには前に進まなくてはならない。ジョニーの決意に勇気をもらった。大人になることの痛み、食べることの喜び、人として生きる事の喜びと哀しみを謳った名作。2013/05/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5643619

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。