光文社古典新訳文庫<br> トム・ソーヤーの冒険

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
トム・ソーヤーの冒険

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月25日 07時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 540p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752514
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

トム・ソーヤーは悪さと遊びの天才だ。退屈な教会の説教をクワガタ一匹で忍び笑いの場に変えたり、家出して親友のハックたちと海賊になってみたり。だがある時、偶然に殺人現場を目撃してしまい…。小さな英雄たちの冒険を瑞々しく描いたアメリカ文学の金字塔。

著者等紹介

トウェイン,マーク[トウェイン,マーク][Twain,Mark]
1835‐1910。アメリカの作家。ミズーリ州フロリダに生まれる。印刷工、ミシシッピ河を運航する蒸気船の水先案内人、新聞記者などの職業を経て、作家となる。1867年、最初の単行本『キャラヴェラス郡の名高き跳び蛙』を刊行。以後、小説を発表するほか、エッセイや評論も多数執筆。ユーモアと痛烈な文明批判を織り交ぜた作風は、後世に多大な影響を与えた。1910年、コネチカット州レディングの自宅で死去。享年74

土屋京子[ツチヤキョウコ]
1956年生まれ。東京大学教養学部卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

92
ハウスの世界名作劇場では観ていたけど、原作を読んでいませんでした。感動的だった3人のお葬式場面が原作ではこんなに皮肉に描かれていたなんて想像もしてませんでした。でも解説も読むとこの物語で哀れなのは白人至上主義の犠牲になってしまったインディア・ジョーだったのではないだろうか。最後に猫のピーターに覚醒剤じみた薬をやってポリー伯母さんの優しさは暴力だと言ったトムが規則正しさや優しさを押し付ける暴力を受けて逃げ出したハックに対して諭す場面には「ケッ、つまんねぇ子供になっちまいやがって」と思ってしまいました^^;2015/08/14

おか

75
楽しかった*\(^o^)/*昔の悪たれ坊主も今の悪たれ坊主も みんな やっぱりこれを読むべし!!! トムは おばさんを心配させて 手を焼かせて、、、本当に愛すべき悪ガキ( ◠‿◠ )でも 男の子だったら 絶対にこんな冒険してみたいはず。でも 今の世の中じゃ なかなかできない、、、読んでて 思い出した幼い時の冒険(笑)仲間3〜4人で自宅前の道を行く怪しい(あくまでも子供目線)人の後をつけて その人の家を調べるという探偵ごっこ スリル満点だった(//∇//)男の子の方が そういう冒険談 豊富なんじゃないかなぁ2018/06/10

HANA

68
前に読んだのは子供の時分だから数十年ぶりの再読になるが、それでも塀のペンキ塗りや殺人現場の目撃、洞窟探検等いくつものエピソードを今でもはっきり覚えている。子供の頃読んだ時はこういう悪戯に対する憧れみたいなものを覚えたんだろうが、大人になって読むと今はもう失われたあの時期特有の輝きみたいなものを微かな痛みと共に思い出すなあ。トムが「いい子」になって終わる成長物語としても読めるけど、この辺は時代の制約もあるし仕方ないか。トゥエインが言っているように、今はもう大人になった人にこそ読んでもらいたい一冊であった。2020/12/03

アキ

56
トム・ソーヤ―の冒険は1876年マーク・トウェイン40歳頃に書かれた書。彼は12歳で父を亡くし印刷工として働き始め、後に新聞社の記者となる。生まれ故郷のハンニバルはミシシッピー川の流域。トム・ソーヤ―は子どもの頃の著者自身だったのだろう。ハックルベリー・フィンと悪友としてつるむが、トムは彼女の事も将来も肯定的に捉えている。いつの時代も仲間には隠れ家としてのアジトが必要で、そこにお宝が眠っていれは言うことなし。マーク・トウェインとは「水深12フィート」という船舶用語。彼の心のふるさとはミシシッピー河なのだ。2019/06/10

アナーキー靴下

47
昔アニメを見たことがある気がするものの、読んだのは初めて。19世紀アメリカを舞台にした腕白少年の冒険、というイメージ通りの物語で、挿し絵もあいまってディズニーランドの雰囲気が浮かぶ。作品としては、作者の子供時代を投影したような主人公を、大人になった作者の眼差しで描いている、というところにこそ面白さがあるように思う。子供心の表現の巧みさと冷静な人間観察。ちびまる子ちゃんの面白さに近い気がする。また、子供の腕白さと悪は線引きなどできず、ただ心根の優しさを信じ、許し合うことで成長してゆくのだなと思った。御教訓。2021/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5132357

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。