光文社古典新訳文庫<br> サロメ

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
サロメ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月26日 11時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 225p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752484
  • NDC分類 932
  • Cコード C0197

内容説明

妖しい月光の下、継父ヘロデ王の御前で艶やかに舞ってみせた王女サロメが褒美に求めたものは、囚われの美しき預言者ヨカナーンの首だった―少女の無垢で残酷な激情と悲劇的結末を鮮烈に描いた傑作が、作家・平野啓一郎の新訳で甦る。宮本亜門による舞台化原作。

著者等紹介

ワイルド,オスカー[ワイルド,オスカー][Wilde,Oscar]
1854‐1900。アイルランド出身の作家・劇作家。外科医で著述業の父と、作家である母との間に次男として生まれる。自身の唱える芸術至上主義を身をもって実践し、ロンドン社交界で脚光を浴びる。29歳で結婚。話題作を次々と発表し時代の寵児となるが、同性愛の罪で逮捕・投獄される。出獄後フランスに渡るも、3年後の1900年、パリにて客死

平野啓一郎[ヒラノケイイチロウ]
1975年愛知県生まれ。京都大学法学部卒業。小説家。1999年、在学中に『日蝕』で第120回芥川賞を受賞。以後も『葬送』、『決壊』(芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)、『ドーン』(Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞)などの意欲作を発表。各国で翻訳紹介されている。エッセイ、評論などの分野でも活躍。『サロメ』が初の翻訳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

巨峰

63
平野啓一郎訳ということで話題のサロメの新訳。意外に読みやすくて、解り易い訳だと思う。短いし。まぁ、読み込めばいろいろ深いのでしょうね。ただ、本文が80ページなのに大量の解説等々を上乗せして750円超という価格にしたのはどーなんだろう?!と光文社には疑問を呈しておこう。無邪気だけど同時に残酷なある種の少女としてサロメが描かれている。2012/04/22

molysk

61
王女サロメが、祝宴での踊りの報酬として義父ヘロデに求めたものは、預言者ヨカナーンの首だった。新約聖書では、母である王妃へロディアが、不義の婚姻を非難した洗礼者ヨハネの処刑をサロメに唆したとする。無知で従順なサロメ。ワイルドの戯曲におけるサロメは、淫靡な毒婦、豪奢で耽美で幻想的。これが従来のイメージだった。本書では、訳者の平野啓一郎が、ワイルドの表現したかったサロメに立ち返るとして、少女的で愛らしく純真、だが母親から身に覚えのない淫婦性を受け継いだ存在、言い換えればキリスト教の原罪を担う存在として描く。2019/11/29

財布にジャック

60
ギュスターヴ・モローの「出現」という絵を思い出しました。その絵を観た時は何の場面なのか知らなかったのですが、これを読んでドキッとしました。こんな短い文章なのに忘れられない凄いインパクトのある内容です。狂気という言葉がこれ程までにしっくりとくるお話も珍しいです。2014/02/24

ひめありす@灯れ松明の火

57
『ニンフェット』をまず思い出しました。幼く無知なのだけれど、その中にいかがわしい妖艶さを持つまだ少女未満の女達。だけど女であるが故に男を振り回し、破滅させる力を持っている。そして次に鬼子母神を思い出しました。わが身の罪悪を知り、グロテスクな程に熟れた柘榴を涙に濡れながら食べる女の悪魔。愚かで醜悪で、だけど直向きな母の眼差し。どちらもでも、強烈な白さと愛情の深さを感じます。初めて読むサロメは想像よりもずっといといけなくて、故に残酷でグロテスクだけど、純潔の無垢な乙女の様で、何より憐れな月の妖精みたいでした。2012/06/21

mii22.

51
福田恆存訳、原田マハ『サロメ』読了後、あのマチネの平野氏訳がどのような『サロメ』に訳されているのか興味を持って。まったく違った印象の『サロメ』に戸惑ったが、あとがきを読んで納得した。宮本亜門氏の舞台化原作として書かれたため、とても現代的な言い回しになっているのと、それまでの怪物的妖婦のサロメ像から離れ、純真な恋する少女ゆえの残酷さに重きをおいたサロメになっている。訳者の意図は成功していると思うが、私の好みはやはり格調高い福田訳の『サロメ』だ。2017/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4774191

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。