光文社古典新訳文庫<br> カメラ・オブスクーラ

個数:
電子版価格 ¥935
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
カメラ・オブスクーラ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 365p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784334752361
  • NDC分類 983
  • Cコード C0197

内容説明

裕福で育ちの良い美術評論家クレッチマーは、たまたま出会った美少女マグダに夢中になるのだが、そこにマグダの昔の愛人が偶然姿をあらわす。ひそかに縒りを戻したマグダに裏切られているとは知らず、クレッチマーは妻と別居し愛娘をも失い、奈落の底に落ちていく…。

著者等紹介

ナボコフ,ウラジーミル[ナボコフ,ウラジーミル][Набоков,Владимир]
1899‐1977。ロシア出身の多言語作家。サンクト=ペテルブルクの貴族の家庭に生まれる。1919年、革命を避けて出国。’20年代から、ベルリンやパリのロシア語新聞、雑誌に「シーリン」の筆名で作品を寄稿し始め、短編から中編、長編と数多くの作品を刊行し、またフランス語、英語での創作にも手を染めた。’37年、ナチス支配のドイツを逃れ、フランスに移住。’40年にはアメリカに移住した。英語で執筆され、’58年にアメリカで刊行した『ロリータ』は大きな話題となり世界的名声を獲得した

貝澤哉[カイザワハジメ]
ロシア文学者。早稲田大学文学学術院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

104
面白かったです。『ロリータ』の原型とされる作品なだけあり、女性により奈落の底へ堕ちていく破滅の物語でした。偶然出会った美少女・マグダに心奪われたことで、妻も愛娘をも失うクレッチーマ。愛と裏切りのドラマはまさに上質なファム・ファタールであり、サスペンスのようでもある。愛する家族がいながらにして、心奪われるものがあるからこそ堕落へと導かれるといえばそこまでですが、そこがナボコフ文学の魅力と言えるでしょう。2017/05/22

やいっち

70
ナボコフの出世作「ロリータ」の雛型の印象もあるが、まだエクスキューズがある。少女は16歳だし、すれっからしの設定。女優志願だが、演技の才能もなければ勉強もしない。主人公はお人好しの金持ちという絶好のパトロン、カモ。とことんかもられるが、男は少女という名の娼婦にメロメロだもの、家庭が崩壊しようと、彼の娘が死のうと堕ちるところまで落ちる。落ちぶりは堂に入っているが、恐らく本作の眼目はストーリーにはあるまい(展開として予想を裏切ってくれて楽しめる)。まさに、少女の娼婦性を描くことにある。作者は、きっと本作に2019/10/27

市太郎

68
「ロリータ」の原型とも言われるナボコフ初期の頃の作品。主人公は特に生活に苦労のない妻子持ちの小心な紳士。ある日16歳の美少女「マグダ」を見かけ、その魅力に取りつかれた事から人生が狂っていく。つまり悲劇。言葉の魔術師ナボコフの「細部を楽しんで」というこだわりを見る作品だ。はっきり言って悲惨な話ではあるが、主人公のどこか間の抜けた盲目的な愛欲とマグダの魔性っぷりに笑えない事もないので「ロリータ」に興味ある人は入門的に読んでみてもいいのでは。比べてみても全然読みやすいし見える事と見えない事の妙技を味わえる。2014/06/29

巨峰

55
初ナボコフ。15歳の少女に恋をした愚かという他ない男は、妻子を失うだけでなく………。人の悪意に充ちた小説なんだけど、どこか軽妙でユーモラスでした。細部の仕掛けは、4分の1もきづいていない私ではありますがね2012/01/09

音姫

51
あまりに有名なナボコフ「ロリータ」の元となる作品。未成年のマグダに溺れ破滅していく中年男性。そこに少女の過去の愛人が出現する。複雑な男女関係を描いた作品だが、そこには題名「カメラ・オブスクーラ」に含まれる意味を想像する事が出来る。客観的に見ればあまりに馬鹿げた情事でも、本人からすると盲目で結果的に乱反射する光線のように自分の悪事が己に還ってくる。解説でもあるように視覚的で「見る」「見えない」ことの騙しあい、暗い虚無の世界が広がっていた。2021/09/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4095178

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。