光文社古典新訳文庫<br> 梁塵秘抄

電子版価格 ¥814
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
梁塵秘抄

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334752309
  • NDC分類 911.63
  • Cコード C0197

内容説明

歌の練習に明け暮れ、声を嗄らし喉を潰すこと、三度。サブ・カルチャーが台頭した中世、聖俗一体の歌謡のエネルギーが、後白河法皇を熱狂させた。画期的新訳による中世流行歌100選!「わたしはバカな女です」「マリーのひとりごと」「わが子ゆえの嘆き」「も一度抱いて」etc。

目次

しだれ柳と下がり藤
ギャンブラーの好むもの
わたしにはやさしいあなた
いつでもいるわ
あなたの約束忘れない
わたしはバカな女です
女にゃ五つの罪がある
わたしとあなたの住む家は
いとしいひとは
あなたが帰ったわたしの部屋に〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

新地学@児童書病発動中

119
名高い古典を川村湊氏が大胆に現代語訳したもの。「君が愛せし綾藺笠 落ちにけり落ちにけり」は「あんたの 愛したアヤイ笠 落ちちゃった 落ちちゃった」と訳されている。分かりやすいが原文の持つ香気を失っている気がした。とは言え、私のように古文がまったくダメな人間には有難い本で、『梁塵秘抄』の内容が大まかに掴めたのは良かったと思う。いつかこの本と、原文しか載っていない岩波文庫を読みくらべてみたい。2016/01/17

fseigojp

26
こんなに意訳して、いいんかい? でも、無類に面白い!2016/01/12

おMP夫人

13
「一週間のご無沙汰です。歌は時代とともに、時代は歌とともに。神仏讃えるその歌も、恋の謡へと変えましょう。平安時代の流行歌『後白河・歌のアルバム』、古人の思いを言葉にのせて...」そんなナレーションをつけたくなるような、思い切った翻訳の梁塵秘抄です。訳そのものは若干、悪乗りしすぎていたり乱暴な気もしますが、そのままでは硬く身構えてしまいそうな今様を身近に感じさせてくれます。昭和歌謡テイスト溢れるアレンジなので、若い世代には古臭く感じられるかもしれませんが、こういった試みは良いと思います。2012/11/18

マープル

12
なかなかに野心的な訳業である。ただ訳すのではなく、歌謡曲・演歌を彷彿させる現代語に訳すのは、かなりアクロバティックであり、かつ面白い試みと言える。惜しむらくは、若い人に届くだろうか、という要らぬ心配が残ることである。なんと言っても「昭和」の匂いの立ち込める言葉の数々であるからだ。なお、全訳ではなく、100首に絞った抄訳である。2021/05/05

きゅー

12
11世紀から12世紀の間に京都を中心に流行した「今様(いまよう)」を収録した歌謡集。編纂者は後白河法皇。今様の主たる担い手は白拍子、遊女、傀儡女などの社会の下層民であったこともあり、内容は卑猥であったり、猥雑なものもかなり含まれている。それらを法皇が集め、歌っていたというのだから寛容な時代だったのだろう。さて、本書の目玉は訳者による超訳だが、これがあまりにひどい。センスが古すぎる。「遊びオンナの好きなもの/ブルース演歌にドラムのピッチ/ポートのデートに大きなパラソル女の舟漕ぎ/オトコを手招くキューピッド」2020/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3350807

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。