光文社古典新訳文庫<br> ツァラトゥストラ〈上〉

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
ツァラトゥストラ〈上〉

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年07月04日 21時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 325p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334752170
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C0197

内容説明

「人類への最大の贈り物」「ドイツ語で書かれた最も深い作品」とニーチェが自負する永遠の問題作。神は死んだ?超人とは?…。キリスト教の道徳を激しく批判し、おごそかさや重さをせせら笑い、歌い、踊る。これまでのイメージを覆す、まったく新しいツァラトゥストラの誕生。

目次

第1部(ツァラトゥストラの前口上;ツァラトゥストラの演説(3つの変化について;徳の講座について ほか))
第2部(鏡をもった子ども;至福の島で;同情する人間について;聖職者について ほか)

著者等紹介

ニーチェ,フリードリヒ[ニーチェ,フリードリヒ][Nietzsche,Friedrich]
1844‐1900。ドイツの思想家。プロイセン生まれ。プロテスタントの牧師の家系。ボン大学神学部に入学するが、古典文献学に転向。24歳の若さでバーゼル大学の教授になるが、処女作『悲劇の誕生』が学界で反発され、事実上、アカデミズムから追放される。近代市民社会、キリスト教道徳、西洋形而上学などをラディカルに批判して、20世紀以降の文学・思想・哲学に大きな影響をあたえてきた。晩年は精神錯乱に陥って、死去

丘沢静也[オカザワシズヤ]
1947年生まれ。ドイツ文学者、首都大学東京教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

巨峰

54
正直、糞つまらなかった。読み始めてから4年くらいかかったけど、完読した自分を褒めてやりたい。引っかかってくる言葉が驚くほどなかった。これで、感嘆してる奴とかってまじなのか?と自分の教養のなさを棚にあげて言ってしまおう。しかし、<下>も買っているんだよね。どーするべ。2014/07/16

藤月はな(灯れ松明の火)

38
大学の哲学の指定図書に所蔵されていたので読みました。人間を嫌ったために家族も友も捨て山へ籠ったツァラトゥストラ。そんな彼が一つの真理を伝えるために山を下りた。その真理とは「神は死んだ!」と。哲学の先生曰く、ニーチェはキリスト教の博愛精神における他者への幸福の施しが今では形骸化され、「いい人にみられたいから」などの気づかないエゴの目的や「誰もが薦めることだから」と確固たる信念を持たないために迎合している心理を看破したという。確かにキリスト教の授業でピンとこなかった隣人愛の歪さや復讐の素晴らしさは琴線に触れる2013/09/29

マエダ

37
“神は死んだ”19世紀のヨーロッパでのこの言動はキリスト教批判にしか聞こえない。「超人」思考であり神にすがらず自らの力で人生を切り開く。この思想がある本書の言いたいところであり、現代にも通じる考えである。 新訳で読みやすくなっているのは素晴らしい事であると思うが締めは「かく語りき」であってほしいと思う。2015/12/10

Vakira

36
最近読んだドイツナチス将校の手記物語が印象デカ過ぎ、何故ヒットラーが反ユダヤ主義者の思想を持つようになったか?興味が湧く。しかし読了後遺症でなかなか本が手につかず。本返却に図書館に行った時にこの本が目に留まる。ユダヤ・キリスト教に対し「神は死んだ」と言いきったツアラトウストラの考えは如何に?ずいぶん前に読んだが理解出来なかったので再び挑戦と思い立つ。思えば遥か昔、中学生の時に「2001年宇宙の旅」を読んだ。当時は難解で心に焼き付いてしまった。2018/06/08

シュラフ

26
さぞかし超難解な書物かと思いきや、なかなか面白い。民衆に超人のなんたるかを教えるためツァラトゥストラは山から町へ降りる。ここから、自分を噛んだマムシを一喝してはその毒を吸い戻させたり、みんなの前で空を飛んだりと、ツァラトゥストラのやりたい放題がはじまる。哲学書というよりもギャグ漫画と思えば楽しく読める。ただその狂人は語るのは、「神は死んだ」ということ。宗教で民衆を呪縛する教会に対する痛烈な批判である。教会勢力が絶対的な力をもつ当時の社会においてひとり教会に挑んだツァラトゥストラの孤独な戦いに涙が出る感動。2016/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/818472

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。