光文社古典新訳文庫<br> 純粋理性批判〈3〉

個数:
電子版価格
¥1,089
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
純粋理性批判〈3〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年04月13日 13時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 541p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334752132
  • NDC分類 134.2
  • Cコード C0197

内容説明

3巻の「図式論」と「原則論」では、カテゴリーの根拠づけが対象にたいしてどのように機能するのか、それと時間がどのように関係するのかが解明される。イギリス経験論(ヒューム)を根本的に批判し、認識の主体と対象の相互の関係を論じた観念論も批判する。

目次

第1部 超越論的な原理論(超越論的な論理学(超越論的な分析論(原則の分析論(超越論的な判断力一般について;純粋な知性の概念の図式論について;純粋な知性のすべての原則の体系;すべての対象一般を感覚的な存在と叡智的な存在に区別する根拠について;知性の経験的な使用と超越論的な使用の混同によって生まれる反省概念の両義性について))))

著者等紹介

カント,イマヌエル[カント,イマヌエル][Kant,Immanuel]
1724‐1804。ドイツ(東プロイセン)の哲学者。近代に最も大きな影響を与えた人物の一人。『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』のいわゆる三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における「コペルニクス的転回」を促した。フィヒテ、シェリング、ヘーゲルとつながるドイツ観念論の土台を築いた

中山元[ナカヤマゲン]
1949年生まれ。哲学者、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェルナーの日記

232
第3巻は第2巻の続きで、『原則論』と『図式論』について考察。”困難は分割せよ”との諺とおり、分析論に図式論を組み込んだ形になっている。そして本巻において『超越的な判断力』の項を設け、対象を正しく(カントは正しいという言葉は使用しておらず、混じりっ気のない純粋なものとしている)判断するために『純粋理性批判』の原則を詳細に根拠づけをする。アプリオリな直観は感性として自己完結するが、直観を理解するものとして概念の必要性から知性を組み込んだ。その中で、最大の問題としているのが『時間と空間』についてである。 2021/12/20

壱萬弐仟縁

49
この巻は解説のみに依存。。判断力はすでに定められた規則や原理に、個別の判断が正しくしたがっているかどうかを判断する能力、与えられた規則に基づいて個々の事例を判断する能力(342頁~)。これだけみると、いかにも、公務員の判断を書いてあるような冷徹さが感じられる(汗)。別の『判断力批判』で、判断力には、規定的な判断力と反省的な判断力が存在するという(357頁)。後者の判断なくして、PDCAサイクルは回らないな、今風にいうと。。2022/07/27

かわうそ

43
感性と知性は異質なものです。異質なものは第3のものを想定しなければ結びつけることが出来ないのです。ゆえに概念を感性化すること、直観を概念化することが必要になります。第3なものに必要不可なものとしてカントは2つの条件があるとします。1つ目は像のような具体性をもつことと、カテゴリーのように純粋なものを持っていることです。2つ目は感性的なものと知性的なものをもっているべきだということです。この2つの条件を満たせるのは図式であり、空間だとカントはいいます。時間によって図式によって感性と知性は結び付けられるのです。2023/01/01

ころこ

41
前半の図式論のところで「犬」を例示して言語論に入りそうになっているところで唸ります。言語哲学はカント以降20世紀に入ってからですが、着眼点の鋭さを見せるのは流石です。本書はいわば汎用AIについて構想していることに近いですが、現在のAIでも記号接地問題といって、言語が何を規定しているのか我々は未だに解明していません。カントもカテゴリーについて色々と考えてきたものの、それらが何によって規定されているのか、言語表象による曖昧さに気付かざるを得なかったのでしょう。2022/04/29

朝乃湿原

11
図式の説明は理解し辛かったが、段々とカントの文章に慣れてきたのか、物自体は認識できない。認識できるのは現象だけであるというカントの主張が理解できるようになってきた。第3巻ではカントは、因果関係が人間の心の習慣で作られたものにすぎないと主張したヒュームの経験論を批判し、ライプニッツの充足理由律(何ものも根拠なしではありえないということ)については、原因と結果のカテゴリーによる説明から、不要なものと主張する。因果律を完全に理解できるのは神であるとしたライプニッツの意見を否定して、この因果律を人間の経験が可能 2024/02/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/642735
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。