光文社古典新訳文庫<br> ガラスの鍵

個数:

光文社古典新訳文庫
ガラスの鍵

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月25日 05時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 453p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334752101
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

賭博師ボーモントは友人の実業家であり市政の黒幕・マドヴィッグに、次の選挙で地元の上院議員を後押しすると打ち明けられる。その矢先、上院議員の息子が殺され、マドヴィッグの犯行を匂わせる手紙が関係者に届けられる。友人を窮地から救うためボーモントは事件の解明に乗り出す。

著者等紹介

ハメット,ダシール[ハメット,ダシール][Hammett,Dashiell]
1894‐1961。アメリカの小説家。メリーランド州生まれ。幼いころから貧窮の生活を送り、20歳までは職を転々とする。1915年にピンカートン探偵社に入社、調査員となる。第一次大戦中には陸軍に入隊するも肺結核のため除隊。28歳ころから雑誌に短編小説を投稿し、1922年のデビュー以来、パルプ・マガジンで活躍する。1929年、「コンチネンタル・オプ」シリーズの長編『赤い収穫』『デイン家の呪い』が立て続けに刊行され、一躍人気作家に

池田真紀子[イケダマキコ]
上智大学法学部卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

buchipanda3

114
ハメットの長編作。古典新訳シリーズにハードボイルドが入っているのは嬉しい。やや厚めの作品だが、主人公のボーモントの魅力に惹きつけられてあっという間に読み終えられた。彼は探偵ではなく賭博師。なので依頼ではなく自らの思惑でしか動かないし、正義にも左右されない。だからと言ってゲスな利己主義者ではなく、むしろ気持ちのいい自己流主義だ。行動にブレはなく、予想外の窮地でもとっさの判断力に鋭さを見せる。さすが賭博師。そんな彼が最後に彼女に取った行動は意外に思えたが、いや彼は賭けたのだろう。それも堂々と。やってくれるな。2021/07/01

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

106
生涯に5篇だけ遺したハメットの長篇の一つ。賭博師ボーモントは、市政に大きな影響力を持つ実業家マドヴィッグの友人として一目置かれている。選挙目前、マドヴィッグが支援している上院議員の息子が殺され、彼の犯行を匂わせる怪文書が出回る。友人を救うためボーモントは事件の解明に動く……。正義や真実ではなく、友人の利害のために行動する主人公は、フィリップ・マーロウのようなヒーローではない。しかし、誤解され遠ざけられても友人に信義を尽くすボーモントからは、古い男の矜持を感じた。ヤクザ映画の高倉健さんのイメージと被った。2016/03/23

ケイ

103
チャンドラーらに影響を与えたというハードボイルドの祖?のハメット。彼の書く主人公のボーモントは、インチキな賭博師で政界のフィクサーに仕えるような男なのに、共感と哀愁を感じるのは、彼があくまでも仕えるマドヴィッグの側に立ち、女性に対しては優しい視線をもっているからだろう。その優しさは、彼女たちから自立を取り上げるようなものであっても、それゆえにハードボイルドは成立するのかもしれない。犯罪者を決めるのは、フィクサーの気分次第という時代ならではの作品だ。2015/10/27

優希

101
面白かったです。登場人物たちの感情が一切排除されているので、背景を想像しなければなりませんが、物語そのものが映画になるような感じでした。上議員議員の息子殺しの容疑者にされたマドヴィッグ。友人を窮地から救おうと暗躍するボーモンドが格好良かったです。金、権力、人脈が物を言う時代、その熱い想いだけで信念を貫き、事件を解決する。まさにハードボイルドというのに相応しい物語でした。読後に何とも言えない寂寥感が襲うのは何故でしょうか。2016/08/14

sin

81
本邦の政治家は自分達がまるでサムライであるかの様に勘違いして偉ぶるが、彼の国の政治家の実の顔は正に顔役!いわばギャングであるようだ。主人公はその右腕と云う位置づけではあるがあくまで友人という立場を崩さず振る舞うシニカルな賭事師で、その事件の本質に迫る姿には作り事めいた白々しさがなく物語はリアルを醸し出している。◆英ガーディアン紙が選ぶ「死ぬまでに読むべき」必読小説1000冊を読破しよう!http://bookmeter.com/c/3348782017/11/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/628837

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。