光文社古典新訳文庫<br> ジーキル博士とハイド氏

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
ジーキル博士とハイド氏

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月29日 02時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 159p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751951
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

街中で少女を踏みつけ、平然としている凶悪な男ハイド。彼は高潔な紳士として名高いジーキル博士の家に出入りするようになった。二人にどんな関係が?弁護士アタスンは好奇心から調査を開始するが、そんな折、ついにハイドによる殺人事件が引き起こされる。

著者等紹介

スティーヴンスン,ロバート・ルイス[スティーヴンスン,ロバートルイス][Stevenson,Robert Louis]
1850‐1894。イギリスの詩人・小説家・随筆家。エディンバラに生まれ、病弱の身ながら、ヨーロッパ、アメリカ西部、南太平洋の島々を渡り歩き、サモア諸島で没

村上博基[ムラカミヒロキ]
1936年生まれ。東京外国語大学独語科卒。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

120
言わずと知れた有名作。二重人格の物語ではあるのですが、善悪の象徴でもあるように思えます。主人格である高潔な紳士・ジーキル博士と別人格の凶悪なハイド氏。いつしか徐々にハイド氏に体を乗っ取られていくのに鳥肌が立ちました。薬によって元来二分していた人格が統合されていく。しかもそこに「無意識」が介在しているのが何とも言えない怖さを感じさせます。ハイド氏に人格統一されていくことで歩む破滅への道。そこには善悪の根源的な要素があり、ふとしたことでどちらにでも傾く可能性があることを示唆しているような気がしました。2016/05/18

sin

75
科学が人間の中に眠る悪魔を目覚めさせる…発表当時はさぞかし読者の心胆を寒からしめたであろう。その最後の手記に至るまでよもや一人の紳士の内にこのような悪が眠っているとは…がしかしその正体を知って読んでいる自分には持って回った様な筋立てとしか受け止めることが出来なかった。ただハイド氏が映像世界で表現されている獣性を帯びた大男ではなく、嫌悪感のある小男という部分に深みを感じた◆英ガーディアン紙が選ぶ「死ぬまでに読むべき」必読小説1000冊を読破しよう!http://bookmeter.com/c/334878 2016/08/12

セウテス

70
〔再読〕初読みの時、ジーキルとハイドと言えば、善と悪の人格の闘いと勝手にイメージしていた。実際には悪ではあるが純粋なハイドに、現状に満足出来ないジーキルが解放を求めている様に感じる。そう解釈するなら二重人格を表現していると言うよりは、現代の麻薬を言い訳に日々の抑制からの逃避と同じではないか。ジーキルは能力や知識は高かったが、名声を望み威厳を見せたいと考える、剰りにも人間的な欲求を持つ人物と言えるだろう。勿論ミステリの楽しみも本来は在るのだが、剰りにも有名な話の為ネタバレしている事は少々残念でもある。 2017/12/14

マエダ

66
”あえて予測するなら、ついに一個の人間とは、多様な、相矛盾する、独立した生き物の棲む社会の縮図だと認識される日がくるだろう。”ジキルとハイドのハイドは少しモンスター的なイメージを持っていたが小柄な男というのが本当のところ、その分気味の悪さや悪の権化としての魅力がでている。ジキルの部分も本当に善かというと疑問だが健やかなる弱さがみられる。2016/01/26

みゃーこ

45
人間の中にある二面性、善と悪。無意識下に潜む本当の自分が突然、自分の意識を凌駕し顔を出してきたとしたら…。二重人格…乖離する瞬間に起こる気持ちの悪い100面相の自分をこう表現する。理性に抑圧された醜悪な自分が発作的に暴走しないよう我々は平均的な他者に期待された自己を演じ分けてバランスをとって生きていることをものすごい絶妙な不気味な筆致で描き出されている。「私の欠点が特に下劣であったためではなく、むしろかえって私の良心、理想の厳格さにあった」理想高く高潔であろうとするほど無意識に過剰な圧力をかける2015/06/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/490872

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。