光文社古典新訳文庫<br> グレート・ギャッツビー

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
グレート・ギャッツビー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月21日 04時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 326p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751890
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

絢爛豪華な邸宅に贅沢な車を持ち、夜ごと盛大なパーティを開く男、ギャッツビーがここまで富を築き上げてきたのは、すべて、かつての恋人を取り戻すためだった。だが、異常なまでのその一途な愛は、やがて悲劇を招く。過去は取り返せる―そう信じて夢に砕けた男の物語。

著者等紹介

フィッツジェラルド,F.スコット[フィッツジェラルド,F.スコット][Fitzgerald,F.Scott]
1896‐1940。ミネソタ州セントポール生まれ。プリンストン大学在学中から創作を始め、1920年『楽園のこちら側』で文壇に登場、絶賛を浴びる。妻ゼルダとの、作中人物さながらの華麗な私生活も注目を集め、一躍時代の寵児となる。’25年発表の『グレート・ギャッツビー』で“ロスト・ジェネレーション”を代表する作家として確固たる地位を築く

小川高義[オガワタカヨシ]
1956年生まれ。東京工業大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ハイク

116
村上春樹は影響を受けた3つの本の一つだと言う。1920年代の米国が発展し輝いた時代であった頃を背景にしている。語り手はニックであり、主人公はギャッツビーである。物語はギャッツビーが金儲けしてニューヨーク近くの保養地に豪邸を持ち度々大勢の人を招いてパーティーを開いている。たまたま隣に住むニックも参加し友となった。後半では事件が起こるという筋書きであるが、そんなに面白い印象は感じなかつた。ただ冒頭と締めくくりの数頁の文章は名文だという。翻訳文なので名文かどうかはわからないが、文章からすると感じは分かる。 2017/12/02

ミッフー

102
題名でもあるギャツビー、彼は語り手である私ニックを通じて語られる隣人であり、第三章にしてやっと登場💦ケネディ一族が株の空売りにて巨万の富を得て大富豪となる1929年世界大恐慌の数年前、アメリカ東部地区の華麗なるブルジョワ族のバブリーな物語✨と思いきや、既に大富豪夫人となった昔の恋人を再び振り向かせる為、マネロンにも手を染め成り上がり金持ちになり、しかし恋人奪回とまで行くことなく誤認により射殺されてしまうギャツビー😩彼の一途な想いとブルジョワ批判を綴った一風変わった恋愛小説でした👍嗚呼、疲れました😅2019/07/29

harass

86
「テヘランでロリータを読む」に触発され、十数年前以来の再読、内容をほぼ忘れていて、手持ちのこの訳で読む。あまり面白く思えないままに読み終えてしまった。巧みな比喩やさりげない描写説明などはなかなかと思うが、おセンチで通俗すぎるように感じるのだ。もともと春樹作品が苦手、面白く思えないのがそう感じる原因の大部分かもしれない。解説などを読むと気が付かなかった箇所があり、いつか再読が必要かなと。とりあえずレビュを閉じる。2018/06/22

どんぐり

81
ニックが語るギャッツビーの物語。主たる登場人物は語り手のニック、トムとデイジーのブキャナン夫妻、ジョーダン、そしてギャッツビー。彼はグレートでもないし、華麗でもない。成金はいかに悲劇に見舞われたのか――同じような趣向の『アメリカの悲劇』の小説をもじれば、これはアメリカンドリームを体現しようとした『ギャッツビーの悲劇』といってよい。一代で成金となり物質主義を装った男が、プール付きの豪邸に住み夜な夜なパーティを開きデイジーを追い求めていくなかで、富裕層の連中に裏切られる物語である。彼のディジーへの愛は打ち砕か2017/08/10

おかむー

71
ディカプリオ主演の映画が記憶に新しいアメリカ文学の金字塔。“欧米文学かぶれ”には響いても一般の日本人にはピンとこない作品ですね。『もう少しです』。作中の文化と風俗、登場人物の考え方も禁酒法時代のアメリカ独自のものなので日本人には情景が浮かびづらくとっつきづらいが、後半でギャッツビーの過去と心情が明かされることで普遍的な人の心が軸になるのがせめてもか。乱暴な解釈でいえば、「アメリカンドリーム的成り上がり」と「純粋な変わらない想い」そのふたつが現実に打ち砕かれるやるせなさがこの作品の価値なのだろうか。2020/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574689

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。