光文社古典新訳文庫<br> 八十日間世界一周〈上〉

個数:
電子版価格
¥660
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
八十日間世界一周〈上〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月30日 15時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 322p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751821
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

1872年のロンドン、謎の紳士フォッグ氏は、“改革クラブ”の友人と金2万ポンドの賭けをした。それは八十日間あれば世界を一周できるというものだった。成功に絶対の自信をもつフォッグ氏は、フランス人の召使いパスパルトゥーを従えて出発。全財産とプライドを賭けた旅が始まった。

著者等紹介

ヴェルヌ,ジュール[ヴェルヌ,ジュール][Verne,Jules]
1828‐1905。フランスの小説家。「空想科学小説の父」といわれる。ナント市のフェドー島で弁護士の長男として生まれる。子供のころから『ロビンソン・クルーソー』などの冒険小説を愛し、12歳のとき未知の国への憧れから密航を試み捕まる。地球上のあらゆる土地、海底、地底、月世界までも旅する「驚異の旅」といわれる一連の空想科学小説を生み出す

高野優[タカノユウ]
フランス語翻訳家。高野優フランス語翻訳教室主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まふ

107
少年時代以来何度か読んだはずだが、忘れてしまっていたので新鮮。1872年(明治5年)10月から12月にかけて80日間で世界一周を果たすという賭けを1人対5人で実行する。上巻はフォッグ氏が従者パスパルトゥーと共にロンドンから大陸に渡りフランス、イタリアを経てスエズ、紅海からインドへ行き、生贄にされそうだった藩王の美人妻アウダを救い、香港から上海まで進むまで。ほぼ150年前の交通手段でいかにも楽しく旅行している。フィックス刑事がいい味を出している。「意訳」本位の訳文なので読みやすく下巻が楽しみである。2023/04/25

優希

98
面白かったです。賭けから始まる80日間での世界一周旅行。とはいえ、何処か夢のようにも感じました。紆余曲折はありますが、こんな旅がしてみたいと思わずにはいられません。時代背景や国柄は全く異なるのに、引き込まれる世界。次から次へと起こる難解な出来事。ハラハラドキドキしながら、旅の楽しさを味わえます。まだまだ続く旅。下巻では何処へ行くのでしょう。2016/11/21

藤月はな(灯れ松明の火)

95
「男に二言はない」というが、80日間で世界を一周できなければ、財産没収!?ジーヴスシリーズといい、英国の貴族ってのはどうしてこう、莫迦な賭けをしちゃうんだろうね〜!!その賭けに挑むのは謎めいた冷静沈着紳士フォッグ氏。彼は元曲芸師の可愛い美青年、パスパルトゥー君を引き連れて急ピッチで世界一周をする。目的地について時間が出来ても宿屋に籠るフォッグ氏に「周囲散策しなよ〜!!」と思いつつもちゃっかり、殉死されそうになるアウダ夫人を助けたり、象に乗ったり、妄想狂の刑事に知らずに追われたりと波乱万丈な旅路である。2017/03/12

扉のこちら側

93
初読。2015年1200冊め。【94-1/G1000】タイトルだけは知っていた作品。80日間で世界一周ができるか否かを賭けた英国紳士と召使の旅。物語の展開と、フォッグ氏の何事にも動じないキャラクターがおもしろい。そして旅の賭けだけではなく、銀行強盗として疑われているという二重の設定の妙。下巻が楽しみ。【第7回G1000チャレンジ】【第52回海外作品読書会】2015/12/11

月讀命

85
サッカーのワールドカップが開催されると『弾丸ツアー』なるものがあり、ー泊四日等計算が合わないような旅が存在し、ヨーロッパだろうが南アフリカだろうが飛行機で飛んで行ける時代だ。(必ずしもそれが好ましいとは思わないが・・・)ヴェルヌがこの物語を書いた150年前の世界において、フォッグ氏とパスパルトゥーの行った80日間世界一周は、『弾丸ツアー』のはしりのように思えた。可能か不可能かを賭ける行為は、サッカーでどこが勝つかオッズをつけるのにも似ている。まだ地球が広かった頃の世界一周の旅は、ハラハラ、ドキドキである。2013/11/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/449801
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。