光文社古典新訳文庫<br> 白い牙

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
白い牙

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月03日 20時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 504p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751784
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

犬の血を4分の1引いて、北米の原野に生まれた狼「ホワイト・ファング(白い牙)」。親や兄弟が次々と死んでいく“自然”のなかで、強く、狡く生きていく。だが、あるとき人間に飼われることになり、人間の残虐さや愛情に触れることで、心のなかにさまざまな葛藤が生まれるのだった。

著者等紹介

ロンドン,ジャック[ロンドン,ジャック][London,Jack]
1876‐1916。アメリカの小説家。サンフランシスコで貧しい家庭に育ち、15歳の頃から牡蛎密漁、アザラシ猟船乗組員、発電所の石炭運搬など様々な職につき、各地を放浪する。1897年、クロンダイクのゴールドラッシュに参加するが壊血病にかかり帰郷。1903年、北方での見聞をもとに書いた『野性の呼び声』で大ヒットし、人気作家となる。以後、『どん底の人々』『海の狼』『白い牙』などを精力的に発表する。40歳で死去

深町真理子[フカマチマリコ]
1931年生まれ。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takaichiro

98
厳冬の荒野を北から南に下る狼、ホワイトファング。野生に育つが、その中に流れる犬の血が人間との距離を縮める。 狼ながら、飢えや寒さから守ってくれる人間を神として崇め、自分に何ができるかを悩み、様々な境遇に身をおく。真に人間からの愛求めるホワイトファングの喪失感に近い絶望の深さと、厳しい寒さを、硬質な文章が綴る。人間同士でも”出自”の違いによって、自分が所属したいと思うコミュニティに完全に受け入れられず、ただそこに居させてもらえるだけで幸せだからと、全人生を捧げる価値観もある。古くからある、難しいテーマだ。 2019/09/22

えりか

55
「野生の呼び声」が飼い犬から野生の狼へと変化する物語であったのに対し、こちらは野生の狼が飼い犬へと適応していく物語。「野生の呼び声」は、次第に力強くかっこ良く孤高の存在になったバック、こちらは次第に「愛」と「忠誠」を学び、心安らぐ生活を得たホワイトファング。個人的には物語性や高揚感、かっこよさから前者の方が好きだが、こちらは自然の脅威だけでなく、人間社会「文明」の残酷さや、規律のやっかいさが面白く描かれていると思う。野生からの文明化、それは私達人間こそが学んでいかなければならないこと。2016/09/04

蘭奢待

49
2010年読了。狼の血を濃く引いたホワイトファングがこの世に生を受け、荒野の中で、または人間との間で艱難辛苦を経験し、やがて良き白人に助け出され人間社会の中に飼い馴らされて行く。短編作品をつなぎあわせたような作品で、ホワイトファングの心の描写や、事件など大変緻密に描いてあり楽しめる。 ジャック・ロンドンの大ファンだが、作品が少ないのが悲しい。2019/10/05

ちろたろう

32
久々の翻訳本、意外と犬好きには面白かった。2017/10/05

はじめさん

25
凍てつく北の大地で狼と狼犬の間に産まれ落ちた《ホワイト・ファング》の物語。母との自然の中でのサバイバルから、ネイティヴ・アメリカンの元での初めての飼育を経て、闘犬賭博でのブルドッグとの死闘、そして名士にして自らが唯一認めた《主人》に連れられ、南国・カルフォルニアへ。フィジカルは「狼」そのものだが、1/4の「犬」のDNAが、祖先が古代に人間と結んだ「同盟」の記憶を呼び覚ます。/ 解説で述べられているように「野性の呼び声」が犬が野性に帰り、狼化するのに対して、狼が文明の中で犬化。主人のみに忠誠を誓う、サムライ2017/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/538385

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。