光文社古典新訳文庫<br> マクベス

個数:
電子版価格 ¥528
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
マクベス

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月02日 08時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 231p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751647
  • NDC分類 932
  • Cコード C0197

内容説明

「ヘエエエイ、マクベース!」荒野で三人の魔女から呼びかけられた闘将マクベス。やがては王になるとの予言どおり、ひたすら血塗られた裏切りと栄達への道を突き進む。王の座を手中におさめたマクベスの勝利はゆるがぬはずだった、バーナムの森が動かないかぎりは…。

著者等紹介

シェイクスピア,ウィリアム[シェイクスピア,ウィリアム][Shakespeare,William]
1564‐1616。イギリスの劇作家、詩人。若くして故郷を出、ロンドンで役者となった後、座付作者として活躍。『ハムレット』『オセロウ』『リア王』『マクベス』の四大悲劇など、37編の劇を残し、エリザベス時代を代表するばかりか、時代と国境を超えて、世界文学史上最大の作家の一人に数えられている

安西徹雄[アンザイテツオ]
1933年生まれ。元上智大学名誉教授。また、「演劇集団“円”」を拠点に、シェイクスピアをはじめ、多くの芝居の翻訳・上演にたずさわった。2008年5月死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

molysk

83
勇猛なる将軍マクベスは、荒野で出会った三人の魔女から、王となる予言を告げられる。夫人からの教唆にも背中を押されて、迷いを断ち切って主君ダンカンを手にかけるも、血塗られた手を見て心を乱して、安らかな眠りを永遠に失う。度重なる裏切りの果てに、王位へとたどり着いたマクベスに、先王の遺児の率いる軍勢が迫る。夫人は罪の意識に正気を失って息絶え、マクベスは一騎討ちに敗れて最期を迎える。忠実なる家臣であったマクベスが、魔女の言葉に野心を抱いて決起するも、良心の呵責に苛まれながら破滅へと向かう姿に、悲劇を感じさせる。2021/05/03

藤月はな(灯れ松明の火)

67
私は『マクベス』が好きだ。何故ならば、『マクベス』は常識では考えられないことが成就してしまったことや無意識による恐ろしさを描いているからだ。人の破滅を加速させる事象の描き方は怪奇小説的である。しかし、三人の魔女がマクベスに呼びかける時は自然に「マクベスや、マクベスや」と脳内で訳して読んでいたので、この本での「ヘエエイ、マクベス!!」という訳し方には度肝を抜かれました。もう、この言葉で三人の魔女がケミカルウォッシュ加工でスタッドや編上げ、ダメージ加工している服を着たパンクな魔女にしかイメージできない…(笑)2016/04/05

sin

50
先に読んだ喜劇2作品とは打って変わっての悲劇ではあるが解題に示唆されているように魔の者に唆されて判断を誤る所に共通点がある。一夜の夢・一時の狂乱とするならば善し、自らの人生を変えるとなればあたりまえだがそこには大きな責任が伴うと言った所か?今回はイベント【第22回 海外作品読書会(8月22&23日)シェイクスピア450年】を機に初めてのシェイクスピア作品に触れたわけだが、いつの日かその舞台を観てみたいとの思いが強くなった。最後にこのイベントに参加していただいた皆様に多謝!2014/08/24

r.ramone

45
『いったん悪を始めたからには、悪を重ねること以外、強くなる道はどこにもないのだ。』悪の動機により流れた消えない血で汚れ、不安に苛まれるマクベスが哀しい。 しかし、イングランド人による物語とはいえ、自らの復権のために他国イングランドの力を借り、スコットランドとしての「借り」を作ったマクダフは正義を行ったと言えるのか?(勉強しなきゃ)2020/07/08

kazi

40
読むべきか観るべきか、それが問題だ・・。いや、違う作品か(^^; マクベス面白いっすね!宮廷陰謀劇風のストーリーなんだけど、単なる勧善懲悪に終始しないというか、元々は野心などなかったマクベスが魔女の予言によって破滅に向かって歩み始めてしまうというのが面白い。マクベスが祝宴でバンクフォーの亡霊を目にするシーンや、夢遊病者のようになってしまったマクベス夫人が手についた血のシミや匂いに怯えるシーンなどなど、単なる悪党ではなく運命の力に翻弄された弱い人間として描いているところがとても良いと思った。2021/06/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/538472

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。