光文社古典新訳文庫
椿姫

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 491p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751616
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

美貌の高級娼婦マルグリットは、パリの社交界で金持ちの貴族を相手に奔放な日々を送っていた。ある日、青年アルマンと出会い、初めて誠実な愛を知る。マルグリットは享楽的な生活を捨て、パリ近郊の別荘で二人の幸福な生活が始まる。だが、噂を聞いたアルマンの父が駆けつけて…。

著者紹介

デュマ・フィス,アレクサンドル[デュマフィス,アレクサンドル][Dumas fils,Alexandre]
1824‐1895。フランスの劇作家・小説家。同名の父、アレクサンドル・デュマの庶子。父の庇護のもと、若いころより社交界に出入りし、20歳のときに高級娼婦マリー・デュプレシーと恋に落ちる。その思い出をもとに、1848年、『椿姫』を出版し脚光を浴びる。1852年には、自ら脚本を書いた同作の演劇が上演され、大成功を収める。その後も、小説や戯曲で多くの作品を発表、1874年にはアカデミー・フランセーズの会員に選ばれた

西永良成[ニシナガヨシナリ]
1944年生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒業。現在、パリ国際大学都市・日本館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)