光文社古典新訳文庫
消え去ったアルベルチーヌ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 374p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751562
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

プルーストが生涯をかけて執筆し、20世紀最高の文学と評される『失われた時を求めて』。本書は“大伽藍”とも形容される超大作の第六篇にあたり、シリーズを通じての主要登場人物アルベルチーヌと、語り手である「私」の関係に結末をつける、重要な一篇である。

著者等紹介

プルースト,マルセル[プルースト,マルセル][Proust,Marcel]
1871‐1922。フランスの作家。パリ郊外オートゥイユで生まれる。9歳のとき喘息の発作を起こし、以来、生涯を通じて宿痾となる。十代は母親の愛情を一身に受けて育ち、パリ大学進学後は社交界へ出入りするかたわら文学に励む。三十代の初めに両親と死別、このころから本格的にエッセイやラスキンの翻訳を手がけるようになる。1912年、『失われた時を求めて』の原型ができあがり、1913年第一篇「スワンの家のほうへ」を自費出版。その後もシリーズは続き、1922年第四篇「ソドムとゴモラ2」が刊行されるが、気管支炎が悪化し、全七篇の刊行を見ることなく死去

高遠弘美[タカトオヒロミ]
1952年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。明治大学教授、フランス文学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

136
プルーストの新訳を出すにあたって、「消え去ったアルベルチーヌ」を1巻目に出した理由は、既訳はすべてプレイヤード版だから、だれも訳していない「ジェイド版」を初訳で世に出すということだろう。しかし「失われた時を求めて」がどの巻から読んでも良いとはいえ、登場人物達の個性がこれだけでは分からないと思う。しかも、プレイヤード版からカットされた部分がたくさんある「ジェイド版」だから、語り手の気持ちに寄り添うのは難しいという印象。岩波文庫の訳より日本語がとても読みやすいので、もったいないなあと思うのだが...。2019/03/02

みあ

101
いわゆるプレイヤード版の「逃げ去る女」である。アルベルチーヌは語り手の元から逃げ去るが、彼はどうにかして取り戻そうとする。しかし、彼女は…。アルベルチーヌがゴモラの女であることは省かれ、忘却の過程も短くなっている。そのせいで一つの恋が終わる途上の心理描写が簡潔でありながらも力強い印象を残す。人は習慣というものにいかに影響されているか、恋というものに対して知性がいかに無力か、それらのことが高遠氏の美しい文体で記述されている。けれども、知性で抑制出来る恋なんて何の意味もない。そんなプルーストの声が聞こえる。2021/03/04

SOHSA

41
《図書館本》高遠弘美氏によるグラッセ版第6篇「消え去ったアルベルチーヌ」の邦訳。プレイヤード版等他版とはタイトルもその長短も大きく異なっている。既に鈴木道彦氏訳のものを全巻読了済であるがやはり印象が大きく異なる。グラッセ版はプルースト自身による手入れが行われた最後のものでありプルースト自身の意志が現れたものとの事だが改めてその前提で読み直すと文章の向こう側に見える景色等が大きく違うことを痛感する。俄然、端正で生き生きとした息遣いが聞こえてくる。本書が高遠氏が全訳に取り組む出発点と思うと尚更に感慨深い。2019/05/06

音姫

23
最終稿。アルベルチーヌとの別れの部分をどれほど大事にしていたか、最期まで加筆訂正を繰り返す。凝縮された中にブルーストの自我、記憶、絆について様々な観念が繰り広げられる。去ったアルベルチーヌに戻ってきて欲しいか否か。「人は自分の魂のなかに隠れているものを絶対に知ることができない」自我を犠牲にするか自尊心を保つべきか。どちらも時間の記憶と共に去るもの。それは無意味なことなのだろうか。続き→

おおた

19
6巻からここまで未訳なので、突如つきあってもいなかったアルベルチーヌと別れ話がこじれていて驚く。いや、そんな手紙書いたら絶対ふられるってとボケ倒す「私」に突っ込みを入れながら読んでいると、突然のアルベルチーヌ……!プルーストがこんな唐突なイベントを放り込んでくるなんて意外に思いつつ、いやいやこれで終わりじゃないでしょと思ってたらヴェネツィア旅行にふわーと出かけて、アルベルチーヌのことはほとんど思い出さずにママンを困らせる。何歳のふるまいだよと呆れつつ、巻の半分の解説をほえーっと読む。2020/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6555

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。