光文社古典新訳文庫<br> 肉体の悪魔

個数:
電子版価格 ¥495
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
肉体の悪魔

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月04日 19時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 230p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751487
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

第一次大戦下のフランス。パリの学校に通う15歳の「僕」は、ある日、19歳の美しい人妻マルトと出会う。二人は年齢の差を超えて愛し合い、マルトの新居でともに過ごすようになる。やがてマルトの妊娠が判明したことから、二人の愛は破滅に向かって進んでいく…。

著者等紹介

ラディゲ,レーモン[ラディゲ,レーモン][Radiguet,Raymond]
1903‐1923。フランスの詩人・小説家。風刺画家を父として、パリ郊外に生まれる。幼少期は成績優秀な生徒だったが、長じて、文学に傾倒。14歳で『肉体の悪魔』のモデルといわれる年上の女性と恋愛関係となり、欠席が増えて退学処分となる。退学後、詩人のジャコブやコクトーと出会い、処女長編小説の『肉体の悪魔』で文壇デビュー。ベストセラーとなる。その後もコクトーと旅をしながら『ドルジェル伯の舞踏会』を執筆するが、1923年、腸チフスにより20歳の若さで死去

中条省平[チュウジョウショウヘイ]
1954年生まれ。学習院大学教授。仏文学研究のほか、映画・文学・マンガ・ジャズ評論など、多方面で旺盛な活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takaichiro

110
分量のある文章ではないのに、読後は結構な疲労感。若さ故の焼き尽くす様な恋心情と、悪魔かと思えるほどの強烈なカラダの疼き。文学の普遍的なテーマではありながら、不倫の一味を加え、様々な感情のゆらめきを心の襞に細かく微振動を与える様に描く。視野が狭まる様な焦燥感に駆られたり、温かく抱かれる優しさに触れたり。振り幅が大きく、速い。これが若さだったかと思い返す。作者は若くして人の心を揺さぶる術を得ていたのですね。本書は訳文なのだから、フランス文学とは何とも奥深い。長い歴史に裏打ちされた文化の賜物。Merci.2019/07/09

優希

110
発表当時はかなりスキャンダラスな作品だったように思います。話としては現代に置き換えてしまえば凡庸でありきたりなんですが、引き込まれるものがありました。それはこの作品で描かれる愛がプラトニックなものではなく、肉体を伴うにもかかわらず、心の揺れが丁寧に描かれているからでしょう。「血の繋がらない親子」が最後に見せた救いであると同時に、主人公の虚無感をも感じさせられました。2017/05/06

buchipanda3

102
仏文学。何とも強烈な印象を与える邦題。中身の方も淡々としながらも、この小説の主人公である16歳の少年の大人ぶったエゴイスティックで自己完結でしかない心理が緩みなく吐露され、その徹底ぶりに思わずむむぅと仰け反りながらもこの青春物語に引き摺り込まれた。何が彼をそんなこじらせたものにしたのか。冒頭に世界大戦が子供たちの精神に与えた影響が語られるが、単に悲観性に自棄になっているのではなく、冷笑的に皮肉めいた自由を享受するかのようにも思えた。ただその自由は期間限定のものであり、薔薇の嘘もかつての悪であるに過ぎない。2021/08/08

中玉ケビン砂糖

102
、北村透谷は25歳の若さでみずから命を絶った、夭折というものはとかく人を英雄に仕立てあげてしまうものだが、彼が口角沫を飛ばして語った文学的、あるいは政治的信条というものは、たとえるならば中二病をこじらせたままの青年が、風車に挑んで叫ぶつたないアジテーションの域を出ていないのではないか、と個人的に思う、ラディゲの場合はもっと短かった、20歳、それまでに現実の自分が何をなせたかと自問自答しても、胸をはって答えられる所業はなにひとつとしてない2015/02/17

アナーキー靴下

80
15歳の「僕」と人妻マルトの恋愛物語…というより、「僕」の物語、だろうか。序盤こそ勘違い男の思い込み、に見えたけれど、どうやらそうではなく、認識通りに話は進む。こんなにも自身の矛盾する心理と場の心理を、自覚的に明晰に説明できるというのは、どう考えてもコントロールされる人間を嗅ぎ分ける嗅覚を持つタイプにしか見えない。それは実際には誰もがしているけれど、無自覚だからこそ耐えられる心理。自覚してなお、人を愛せるのか、はたまた自覚は遡及してのものなのか。いずれにせよ、人間そのものを見せつけられる恐ろしさ。凄い。2021/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/545610

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。