光文社古典新訳文庫<br> 変身/掟の前で 他2編

個数:
電子版価格 ¥429
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
変身/掟の前で 他2編

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年03月02日 23時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 180p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751364
  • NDC分類 943
  • Cコード C0197

内容説明

家族の物語を虫の視点で描いた「変身」。もっともカフカ的な「掟の前で」。カフカがひと晩で書きあげ、カフカがカフカになった「判決」。そしてサルが「アカデミーで報告する」。カフカの傑作4編を、もっとも新しい“史的批判版”にもとづいた翻訳で贈る。

著者等紹介

カフカ,フランツ[カフカ,フランツ][Kafka,Franz]
1883‐1924。チェコ生まれのユダヤ系。ドイツ語で書いた。「文学以後の文学」とも称される斬新な作風で、その作品は、なにが書かれているかはクリアにわかるが、それがどういう意味なのかは、さまざまな解釈を呼ぶ。おもしろいだけでなく、奥深いアクチュアリティをいまだに更新しつづけている不思議なカフカ文学は、文学を超えて、突出した魅力と存在感をもつ。『判決』『変身』『審判』『城』などが代表作

丘沢静也[オカザワシズヤ]
1947年生まれ。首都大学東京教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おいしゃん

76
しばしば引き合いに出されることの多いこの本。ようやく読むことができた。意外に読みやすい文体。「変身」に関しては、人それぞれ解釈があるだろうが、自分は面白く、読後感も良かった。2015/02/17

優希

54
4編の作品どれも面白かったです。カフカが『判決』にてカフカという地盤を固めたのですね。変身は何度読んでも衝撃の物語ですが、だから好きなのかもしれません。カフカがカフカであるからこそ自分の好みなのですね。2023/07/01

サンタマリア

54
やっぱりカフカは面白いなぁ。『判決』の袋小路の中の迷路みたいな会話から突如として死に至るまでの緩急が最高。『変身』は妹がいいキャラしててめっちゃ笑った。ザムザってこんな長生きだったっけ?前読んだ時はすぐ死んだ気がする。『アカデミーで報告する』の猿はカフカ自身なのかな?家にある本でも漁って考えてみよう。『掟の前で』を読んで『審判』のKの罪とは門をくぐろうとしなかったことではないかなと思った。『失踪者』に門をくぐる描写あったかなぁ?一番好きなのは『判決』。この世で最も優れた短編の一つだと思う。2022/01/10

藤月はな(灯れ松明の火)

53
「判決」の徹底した父の糾弾によって自分の偽善を曝け出されて死を選ぶ息子が悲壮すぎます。優柔不断よりも芯がしっかり、通った生き方の方が清々しいと思うけれどもそのブレなさが情け容赦なく、人の命すらも奪うということをまざまざと伝えてくれる作品。「変身」は多分、介護しなければならない家族がいる家庭の内情にも通じるのだと思うと一層のどうしようもなさが募ってきます。「掟の前で」は題名が意味深。自分が死ぬことで通ることが許される自分だけの門は世界(門の中)と自我の掟(使者)との折り合いと世界への自我の屈服だと思いました2013/03/01

かぷち

50
表題作の『変身』は主人公がある朝起きると巨大な芋虫になっているというあまりにも有名な話だが、想像以上に面白かった。しかしよくもこんな奇妙な着想を得たなぁ、他の誰にも書けないでしょう。人間の想像力の限界を突き抜けている。『掟の前で』『判決』もそうだが、考えるな感じろ、と言わんばかりの説得力があるし、どこかシュールでブラックな展開にクスッと笑いを誘われる。笑っちゃいけない結末なんだが。2023/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/572475
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。