光文社古典新訳文庫<br> 猫とともに去りぬ

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
猫とともに去りぬ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月27日 21時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751074
  • NDC分類 973
  • Cコード C0197

内容説明

魚になってヴェネツィアを水没の危機から救う一家。ピアノを武器にするカウボーイ。ピサの斜塔を略奪しようとした宇宙人。捨てられた容器が家々を占拠するお話…。現代社会への痛烈なアイロニーを織り込んだ、ユーモアあふれる知的ファンタジー短編集。

著者等紹介

ロダーリ,ジャンニ[ロダーリ,ジャンニ][Rodari,Gianni]
1920‐1980。イタリアを代表する児童文学作家・詩人・ジャーナリスト・教育者。「ファンタジーは人間の精神・人格を形成する大切なもの」と考え、画期的論考『ファンタジーの文法』や童話『チポリーノの冒険』などを著した。教訓におちいることなく、人類愛、反差別、自由の概念を、上質な笑いとともに表現。1970年“児童文学のノーベル賞”『国際アンデルセン賞作家賞』を受賞した

関口英子[セキグチエイコ]
埼玉県生まれ。大阪外国語大学イタリア語学科卒業。翻訳家。児童書から映画字幕までイタリア語の翻訳を幅広く手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

125
イタリアの作家の小中学生向けの童話の短篇集です。イタロ・カルヴィーニも評価をしているようです。私は初読の作家ですがファンタジックな部分もあって楽しめました。ここにあるほかにも結構訳されているようなので読んでみようと思います。表題作は猫好きの方にとってはかなり楽しめます。2017/11/15

sin

88
凡庸な登場人物にストーリー、敢えて退屈なファンタジーと言わせていただきたい。だがしかしこれらの物語が執筆された時代を考えればなかなかどうして侮れない。侮れないんだが、現代のこの刺激にまみれた僕の脳みそは関心を示さないようだ。こころがわくわくしないんだ。汚れちまってるんだな、おいら(T-T)2015/02/19

kariya

88
つれない家族の元を離れ猫と暮らす決心をした老人は、ある朝、柵を越えて猫になる。タイトルからして抜群にキュートな表題作の他にも、銃の代わりにピアノを奏でて闘うカウボーイ、バイクに恋して結婚を望む御曹司、金星での舞踏会にこっそり忍び込むクリーニング店の娘と、時折りぴりっと風刺が効いているけれど、愉快で軽やかな気分になれるお話で一杯の短編集。ちらちらと活躍(暗躍も)する猫の姿も猫好きには堪らない。柵をくぐって猫の仲間入りをするのも楽しそう。たまになら。2009/11/08

tototousenn@超多忙につき、読書冬眠中。

76
☆4.75 心に余裕があるときに読みましょう。 でないと、馬鹿話・ホラ話と本書を投げ出したくなることでしょう。少しの余裕を持って読めば、 風刺とユーモアに笑いが込み上げてくるでしょう。 本書を駄本とみるか良著とみなすか。さてさてあなたの判定は?2020/12/27

うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同)

76
人が猫になったかと思えば、魚になってみたり。人間が動物などに変身する話があると思えばバイクに恋する青年の話がある。ブラックジョークがきいたシュールな短編集全16話。家族に相手にされないアントニオ氏が猫といっしょに暮らすんだと家を出ていった「猫とともに去りぬ」と、山でピクニックを楽しんだあと、出たゴミをあちこちにまんべんなくばらまいて帰ろうとしていたらビール瓶が追いかけてきた「箱入りの世界」、生まれて間もないのにテレパシーや物を動かす力を持っていた「カルちゃん」の話が好き。★★★★2013/01/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18914

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。