光文社古典新訳文庫<br> ちいさな王子

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

光文社古典新訳文庫
ちいさな王子

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月23日 13時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 174p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334751036
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

内容説明

砂漠に不時着した飛行士の「ぼく」。その前に突然現れた不思議な少年。ヒツジの絵を描いてとせがまれたぼくは、ちいさな星からやってきた王子と友人になる。王子の言葉は、ずっと忘れていた、たくさんのことを思い出させてくれた。「目ではなにも見えないんだ。心でさがさなくちゃ」。

著者等紹介

サン=テグジュペリ,アントワーヌ・ド[サンテグジュペリ,アントワーヌド][Saint‐Exup´ery,Antoine de]
1900‐1944。フランスの作家・飛行家。兵役で航空隊に志願、除隊後は民間航空業界に入る。26歳で作家デビュー。自らの飛行体験に基づく作品を発表した

野崎歓[ノザキカン]
1959年生まれ。東京大学助教授。フランス文学研究のほか、映画評論、文芸評論、エッセイなどを幅広く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

molysk

69
あまりにも有名なこの作品を、いい年をした大人が読むのは気恥ずかしい気もしたが、読んでみて良かったと思う。王子が大好きな、とても大切なバラ。でもバラの何でもない言葉に傷ついた王子は、どうやってバラを愛したらいいかわからず、旅に出てしまう。旅先でキツネが教えてくれたこと。時間をかけてきずなを作ることで、バラは王子にとって特別なバラになっていた。王子はバラに責任がある。そして、心で見なくちゃ、物はよく見えない。大切なものは、目に見えないんだよ。多くの大人が忘れた子供のころのこころを思い出させる、不朽の名作。2020/03/01

けいご

62
ル・プチ・プランスの色んな翻訳を読み始めて5冊目★今までで一番心と本の距離の遠い一冊だった...。理由はタイトルの「ちいさな王子」の影響ではなく(星の王子さまの「星」は捉え方次第で装飾的になってしまう事に関しては同意するけど)、文中の言い回しによって本来の意味が薄れてしまっているところが入り込めない原因かな〜。でもお陰で「言葉の意味に的を絞るよりも言葉外側の輪郭が実は大切な本なんだ」って事に改めて気づけたそんな一冊でした★2021/01/31

Shintaro

60
再読。今回は光文社版にしてみました。人生も折り返しに入った僕が今回得られた印象は、今までよりも遥かに厳しいものだった。すなわち「人生は、孤独な単独飛行」だというものである。家族や、仲間たちも編隊飛行をしている僚機である。寿命という燃料が尽きれば、編隊を離脱するしかない。それだけに、バラやキツネ、不時着中に出会った飛行士と少年(あえてこう呼ぶ)の出会いは、貴重なのだ。そして他の星に住むエキセントリックな住人は、他人なのである。『人間の土地』や『夜間飛行』に込められたエッセンスのみを蒸留した珠玉の一作である。2015/10/05

蘭奢待

52
古典新訳文庫も読んでみた。 星の王子さまというタイトルがあまりにも有名で、このタイトルには違和感があるか、原題から考えるとこのタイトルになるだろう。 箴言がちりばめられた文章は味わい深い。闘う操縦士での偵察飛行後にアメリカに渡り、フランス派、親ドイツ派の二派に分かれていた亡命フランス人の間で病気になり入院。お見舞いの品の色鉛筆を使い入院中にこの作品を作ったとのことは意外な経緯であった。2019/08/23

ally

48
再読。「本当にたいせつなものは、目には見えないんだ。心で見ないとわからないんだよ。」 解説にもあるように、文明の象徴である飛行機が故障した時にやってきて修復したら去っていく、これが印象的でした。文明や難しいあれこれが機能をなさない間だけ巡り会えた、誰の心にも存在していたはずの子どもの王子様。切なく美しいお話です。著者の別作「人間の大地」も読んでいますが、表面を見ているだけでは気づかない色々な事に思いを馳せ想像し、深く深く考察する素敵な心の持ち主だったんだろうなあと思います。子どもの心を忘れずにいたい!2018/09/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/509846

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。