光文社文庫<br> 独白するユニバーサル横メルカトル

個数:

光文社文庫
独白するユニバーサル横メルカトル

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2021年12月05日 02時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 318p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784334745264
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

タクシー運転手である主人に長年仕えた一冊の道路地図帖。彼が語る、主人とその息子のおぞましい所行を端正な文体で綴り、日本推理作家協会賞を受賞した表題作。学校でいじめられ、家庭では義父の暴力に晒される少女が、絶望の果てに連続殺人鬼に救いを求める「無垢の祈り」。限りなく残酷でいて、静謐な美しさを湛える、ホラー小説史に燦然と輝く奇跡の作品集。

著者等紹介

平山夢明[ヒラヤマユメアキ]
1961年、神奈川県生まれ。’96年、『SINKER―沈むもの』で小説家としてデビュー。2006年には、「独白するユニバーサル横メルカトル」で第59回日本推理作家協会賞を受賞。同作を表題作とした短編集が「このミステリーがすごい!」2007年版で第1位に輝くなど、高い評価を得た。数多くの連載を抱えながら、映画を始め、他メディアへも活躍の場を拡げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

500
他短編集と比べても文学性が高いと感じた。『無垢の祈り』が最も気に入った作品だが、映画化されているらしく驚いた。是非観てみたい。『ニコチンと少年』『怪物のような~』辺りも非常に好み。他短編集にあるようなパンク調の文体が控えめで、抑制の効いた語り口が多く、全体の統一感が高い。グロイと言えば確かにグロイのだが、暴虐性は控えめで、どちらかと言うと"透き通った"印象が強い、不思議な魅力のある作品集。寡作で作品数が少ないようだが、もっと短編を書いて欲しい。"スナギモ""ドブロク"といった独特のネーミングセンスも好き。2017/01/19

徒花

415
図書館。表題作はミステリーなのかと思って読んだらそうでもなかったでござる。「ニコチンと~」「Ωの~」「無垢の祈り」「オペラントの~」「卵男」あたりはおもしろい。それ以外は、読んでいて一定の快感は得られるものの、なんだかオチがストンと腹落ちせずにモヤッとした読後感。『デブを捨てに』を読んでから日が経っていないせいか、麻薬が立て続けに摂取するとその効力が弱まっていくのと同じように、それほどの満足は得られなかったのが残念。ちなみに解説はネタバレ満載なので最初に読むのはおススメしない。2016/08/21

遥かなる想い

328
2007年このミス国内1位。 異色な短編ミステリー集。 各編に登場する壊れた人々が 面白い。著者が提示する 異様な世界は残虐で気持ち悪いが、 強烈で登場人物に心がないのがむしろ救われる気がする。 読んでいると、正直訳がわからなくなるが、 「異形短編集」としては 注目の作品らしい。2016/01/01

勇波

193
「このミス2007年度版」で第1位との事ですが、ミステリとして読むんだったら面白さが半減してしまうような気がします。この作家さんに関してはどのジャンルに当てはまるのか考えるのは全く無意味。。表題作を始めどの物語も洗練された芸術の域まで達した短編集だと感じます★2015/09/26

🐾Yoko Omoto🐾

172
平山作品初読み。聞きしに勝る強烈なノワール作品群だった。だが「きつい、汚ない、気持ち悪い」という悪寒3Kを地でいくような(笑)グロさに反して、この少し胸が痛くなるような刹那な読後感と品の良さは何だろう。「怪物の~」などは正直耐えがたいほどの残酷描写が続くというのにそこには”哀しい愛の物語“があり、「Ωの晩餐」「卵男」の哲学的要素を含んだストーリーはミステリというより文学小説といっても差し支えないような深さがある。イチオシは「無垢の祈り」と表題作。「すまじき熱帯」の馬鹿馬鹿しさもお気に入り。秀作揃いの一冊。2015/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/548296

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。